櫻坂日向坂の上り方〜川島雅隆的編集後記

毎日ブログ、2022年9月1日から再開します!

なぜ誰かや何かと比べないと物を語れないのか 2019年11月10日付

今日はそんなにTLを追う時間がなかったんですが、それでもよく見かけたのがこの「○○のおかげ」ツイートのまとめと、それに対する引リツ。引リツは結構な数見ましたね。

 

件の白石麻衣のコメントは過去に読んだことがありますが、乃木坂46メンバーとして当然感じることです。そして読まれる方はよく読んでほしい。欅坂を下げるようなことは一言も言ってません。「乃木坂のおかげで欅坂が売れた」という意味にあたるところもない。

 

あまり雑誌の画像を上げるのは自分の中の線引きとしてやらないようにはしてるんですが、これは元がないと話が進まないので、あげてみます。

f:id:platanus0524:20191110221323j:image

「それは乃木坂46が作った土台があったから繋げられたことだとも思うし」

 

繋げられた、という言葉がすべてでしょう。

これをどう読んだら

〝欅坂が売れたのは私たちのおかげ〟

という意味合いになるんでしょうか。

 

人間というのは、物事を自分の都合のいいように見ようという性質があります。

或いは、自分が普段考えている通りに周囲のものを肉付けしていこうという性質もあるような気がします。

あくまで憶測ですが、〝欅坂が売れたのは乃木坂のおかげ〟という意味合いにとってしまった人は、おそらく普段からそうお考えになっているのではないでしょうか。それもマイナスな意味で、乃木坂にそういう奢り昂りが見える気がすると。

そこに、曲解するとそう見えてしまうコメントが目に入ったので、それをネタに叩いている…のかどうかまでは知りませんが、そういうことが原因になっているのではないかなと。

 

極端な話、たとえ先人が道を作ったとしても、じゃあ誰が歩いても順風満帆に成功が保証される道なんですか、と問いたい。

何の努力もしなくても成功へ向かっていく道、なんてあるんですか世の中に。

 

どれだけ環境が整備されようと、その道を進む人に力がなければ成功などするはずないでしょう。

乃木坂は確かに道無き道を突き進んで、切り開いてくれた功績はある。だけど、その道を進む欅坂や日向坂に力がなければ、或いは周囲のサポート体制がしっかりしていなければ、たとえ切り開かれた道だとしても進んでいくことはできないでしょうに。

 

だから、「く    だ    ら    ん    」ということになるわけです。

無意味にも程がある。

 

あのね。

推す人やグループの応援の仕方って、そういうことじゃないでしょうって。

誰か他の人やグループと比較しないと、あなたは推しへの愛を語れないんですかと。

その人やグループメンバーご本人はもとより、応援している方々に対しても侮辱行為だと感じます。

そしてさらに、それを誰かに見せたいと思う心根。

 

私も同じ土俵にいる者として、そこがとても悲しくなるのです。

誰かを下げることが正義だというなら、その理由はどこにある。

 

私はこれからも欅坂日向坂を心から愛してまいりますが、一つのポリシーとして。

誰かと比較して欅坂や日向坂が上だ!というようなブログやツイートは今までもしたことがないですし、これからもしません。

なぜなら、その方々にリスペクトがあるからです。

そして、そんな比較して上げられることを、彼女たちが望んでいるとはとても思えません。

 

ただただ、単純に。

 

欅坂46を推す!

日向坂46を推す!

推しメン今日もそこにいてくれてありがとう!

 

…という気持ちで日々を過ごしてまいります♪