櫻坂日向坂の上り方

ブログ移転しました…長い間本当にありがとうございました!

ある意味で、ドーム以上にー日向坂46全ツにおける、敢えての注目ポイント 2022年9月10日付

f:id:platanus0524:20220910145152j:image

 

日向坂46の全国ツアー「Happy Smile Tour 2022」がいよいよ今日から始まる。

このツアー、私は仕事の都合やその他諸々の事情により参戦できないのだけれど、実はいろんな注目ポイントがある。

もちろん彼女たちは、HappyでSmileに溢れたツアーにしようと努めるだろうし、おひさまも楽しめるものになるのは間違いない。確かにそれはそうだ。

 

そんな中で、このツアーに対する注目ポイントをいくつか挙げておきたい。

 

 

 

 

①宮田愛萌のツアー不参加、潮紗理菜の一部不参加

 

二人とも体調面での理由もあるので、順序としてツアー前に発表されたことは当然だった。

でも実は、体調面で不安を抱えているのは彼女たちだけではない。

一時体調面で休養したことのある佐々木美玲・松田好花の回復具合がどこまでなのか、とか。

さらには休養にまで至らなくとも、丹生明里の腰の問題。推しメン富田鈴花も、かつて腰に問題を抱えていたことがあった。

そんな中で、体調面というと忘れてはならないのがこの人。

 

 

小坂菜緒はどれくらいの曲数に参加するのか

 

決して万全とは言えない状態で復帰した小坂菜緒ではあるが、なにせそもそもセンター曲の多い人。彼女が参加できる曲数によって、披露できる曲の数も変われば、披露するにしてもセンターをたてなければならない、という問題も発生する。当然それは既にリハで解消されているとは思うが、このことが残りの日数に与える影響はいかほどか。

 

 

③4期生のお披露目はあるか

 

これはかなり気になっているおひさまもいると思うのだけれど、披露があるとしてどこのタイミングが適切なのだろうか。というのも、4期生という対外的にもかなり大きな話題を集めそうなトピックではあるものの、今回はまだ配信という情報が聞こえてこないので、ライブ会場だけで4期生の情報を出すことがどこまでの効果をもたらすか、ということだ。配信があれば、そこで…という可能性も考えられるが、ツアーには帯同するにしても、お披露目まであるのかどうか。

これは櫻坂46にも同じことが言えるのだけれど、新しいメンバーは次のシングルとの兼ね合いもあってとてもデリケートな扱いになると見ている。だからこそタイミングが実に難しい。どういうタイミングを狙ってくるか。

ただ日向坂4期生の場合は、おそらく発表を待つだけと思っている人が多いのがポイント。

例えば私が運営だったら、合格からの期間で何曲かダンスをみっちりさせて、いきなりその曲でデビューさせる、ということだって考える。フツーに4期生の紹介から入って、という王道パターンでももちろんいいのだけれど、インパクトを狙うならそこから入る。「あの2列目のあのポジションにいるのは誰?」とざわつくのを狙うとか。

まぁそうなると、今度はまなもやなっちょ推しの人に、とても複雑な想いを抱かせてしまうというのはあるにはあるんだが…。

 

 

④配信はあるか

 

今回は前述のとおり、配信の予定が聞こえてこない。加えて、いつものツアーなら行われていた、日向坂46メッセの開放も今回は今のところなさそうだ。

そもそもこの全ツ、発表されたときからとても違和感があったのは、なぜこんなに開催場所が少ないのか、ということ。それで全国ツアーとは、という感じが拭えない。しかも、キャパがそう大きくないところが中心で、ということは当選しない人が多く出るのは自明の理だ。でもそうするならそうするで、当たらなかった人行けない人向けに配信、というのがここ数年の常道だったし、それは私たちだけでなく、運営側にとってもメリットが大きかったはずなのだ。

それがない。今のところは。

およそ、ドーム公演まで行ったグループの全国ツアーと思えない、この違和感。

でも、これを払拭するくらいのHappyでSmileな内容になることを、願ってやまないのである。

 

 

 

私は、全ツが始まる前のこのタイミングで、懸念材料などという言葉は使いたくない。

どちらかというと、その辺りはメンバー個々はもちろん、グループ全体の今後を占う意味で、心配と言った方が正しいかもしれない。

だけど、そんな「注目ポイント」を、そこに集う人たちの力で一つずつ解消していってほしい。

 

それができるのは、彼女たちの無理しない程度の努力と

おひさまの一体感に他ならないのだから。

 

 

 

 

日向坂46「Happy Smile Tour 2022」の成功を心よりお祈り致します。