櫻坂日向坂の上り方〜川島雅隆的編集後記

毎日ブログ、2022年9月1日から再開します!

運命に翻弄されても自分は持てー齊藤京子生誕祭 2019年9月5日付

私は日向坂46についてはガチガチの箱推しで、握手には行ってるもののおそらく誰の認知もいただいてません😅

とりあえず全員一度は握手をしてみて、その中で推しメンを決めようと思っているところがあるからです。

ただ複数回握手しているメンバーはいます。

数えてないのでわかりませんが、おそらくその中で最も回数が多いのはきょんこだと思います。

 

少なくとも3回は行ってる記憶があるので。。

 

齊藤京子といえば、とにかくいろんなファンサービスのできるメンバーではありますが、私が彼女の最大の魅力と感じているのはやはり歌唱力。

日向坂は個人で見ても歌唱力の高いメンバーが多いんですが、そんな中でもやはり群を抜いていると言わざるを得ないでしょう。

だからどうしても、齊藤京子を祝う、となると私はこのソロ曲を出したくなるのです。

 

…実は昨年の齊藤京子生誕祭でも全く同じ曲を使わせてもらったんですが😅

一年経ってもそれに代わるものが見当たらない。

 

でも生誕ツイにも書いた通りで、昨年の誕生日から今日までを考えただけでも、彼女を取り巻く環境が激変しています。もちろんきょんこだけではないんですが。。

その性格から本気で歌手を目指して芸能界の門を叩き続け、最後と位置付けて受けたオーディションに合格して「けやき坂46」の一員となって。

 

位置付けが曖昧なグループの一員となる、それは彼女たちの方向性が難しくなる運命でした。

そんな彼女たちに、それこそ陽が当たる瞬間がやってきたのは今年の2月。

三つの夢。その最後の一つを誰にも言わずに秘め続けてきたきょんこ。この瞬間の気持ちを考えると本当に涙が出ます。。

 

ずっと歌手を目指してきてから、今日までのことを踏まえながら、「居心地悪く、大人になった」を聴くと、またいろんな感情が生まれてきます。

 

ここから一年間で、彼女にはまた何が起きるのか。それは誰にもわかりません。

もちろん本人にも。

でもどんな運命が待ち受けていても、必ず自分の力で乗り越えてくれると信じています。

 

きょんこ22歳おめでとう🎉

f:id:platanus0524:20190905140905j:image