櫻坂日向坂の上り方〜川島雅隆的編集後記

毎日ブログ、2022年9月1日から再開します!

艱難汝を玉にすー毎日続けるためには短くまとめましょ笑 2020年3月4日付

あまりにブログを書いてなかったので、ログインが切れててしかもパスワードやら忘れてプチ焦りました😅

お久しぶりです、川島雅隆でございます。

 

毎年のこととはいえ、この時期塾業界が最も忙しい受験期を迎えているので、特に2月はなかなか時間が取れませんでした。。

もちろん書きたいことが全くなかったわけではありません。むしろその逆で、時間があれば書きたいことはたくさんありました。

そして本当は今日から新学期が始まる関係でそのまま多忙さが続いていくところだったんですが、例の新型コロナウイルスのせいで、はっきりとは聞いていませんがおそらく3/15までは休みになると思います。

 

この期間、やりたくてもできなかったことを存分にしていく時間にしたいので、今日から15日までの期間限定ではありますが、いつぞや以来の毎日ブログに挑戦いたします!

 

実は書きかけで止まっているブログもあるんですよ。

菅井友香の舞台『飛龍伝2020』観劇ブログ。

ちゃんとしたものはまた日を改めるとしますが、私がどうしても見つめたかったのは、ゆっかーが神林美智子を通じて何を得て、欅坂46に何を還元してくれるのか、ということでした。

少し時間が経った今だからこそ、見えてくるものもあると思うので。。ゆっくり考察します。

f:id:platanus0524:20200304231521j:image

 

他にも、日向坂46とともに、欅坂46ドキュメンタリー映画上映も発表されました。

日向坂が不遇だったとよく言われますし、そのことは私も否定するつもりはありません。ただし、だからといって、側から見て恵まれていたかもしれない欅坂が、ずっと順風満帆だったわけではないこと、それはずっと彼女たちを見つめ続けてきた皆様にとっては周知の事実でしょう。

ある意味、このドキュメンタリーは、私の中で最も待ち望んでいたものである一方で、最も恐れていたものでした。

このことについても、毎日ブログの中でそのうち。。

 

「欅って、書けない?」の中では、鈴本美愉・織田奈那の卒業式の模様が放送されました。

いつもいつも卒業のときに思うのは、本当に卒業おめでとうという言葉には慣れない、ということ。

無理やり自分の中で消化するんだったら、新たな道を見つけて進み始める、という意味でその門出を祝う、という捉え方をするしかないんだと思いますが、そうなったら「脱退」という道を選んで花束も渡してもらえない(或いはそういうセレモニー的なものを拒否したのかもしれないけど)平手友梨奈にかける言葉はなんなんだ、という話にもなるし。

お疲れ様、も個人的にはしっくりこないし

今までありがとう、かな…やっぱり。

ただそれも、なんか違う気がするといえばするし。

ただ彼女たちの明るい姿が最後に観れたのは、確かによかったかもしれないですけどね。

このことでも一本ブログ書きます。

 

そして今日のことですが、平手友梨奈出演映画の情報が解禁となりました。

と同時に、平手友梨奈オフィシャルサイトもオープンしました。

もう本当にこれについては、とにかく平手推しの皆様が報われてよかったとしか言葉がありません。

SOLの出演が今月で終わり、その後の彼女の活動がずっと不透明で精神的にもかなり参っている様子が見て取れたので。。

 

まぁでも、あれですよ、平手推しの皆様。

卒業でもなく、メンバーでありながらいつ戻ってくるかわからない状態の佐藤詩織さんを推している私たちも、相当精神的には難しいところですよ、、?

ラジオも映画も何もない、このまま戻ってくるかどうかもわからないという、不透明さにかけては凄まじいものがありますからね😓

 

うん…そんなことを言っても仕方ないか、、

 

とにかく現在進行形の推しメンを見られるというのは、実は当たり前ではないのです。

当たり前に見れたときには気づかないことですが、だからこそしっかり推していきたいと前以上に思えるんですけどね。。

 

コ、コロナウイルスめ…………💢

 

というわけで、とにかく微生物なんかに負けずに邁進しますので、休養期間の川島を何卒宜しくお願い致します。

 

…そ、それなりに長くなってしまった💦

 

f:id:platanus0524:20200304231944j:image