櫻坂日向坂の上り方〜川島雅隆的編集後記

毎日ブログ、2022年9月1日から再開します!

華やかなもの。その裏側にあるもの。

 

アンコールを当然のように思ってないか

どのLIVEでもアンコールがあるのが主流になってきて、たまにアンコールがないとなると騒ぎ出す。アンコールが何なのか知らない人も増えてきたのかなと思います。

まぁアンコールが、お客さんの「もう一度聴きたい!」という気持ちに対して、演者が応えてくれて成立するわけですから、100%好意なわけですけどね。

話は外れますが、SNSというのは自由な意見を述べられるという意味で、その意見を尊重しなければいけない、というのは十分に理解しています。ただ、明らかにその方の無知や不注意から間違ったことが述べられて、それが拡散されてさも正解のように拡がっていくのまで見ていなきゃいけないのかなと思うことがあります。

もちろん、かくいう私が間違っている場合もあるかもしれませんので、自分の意見が絶対正しいとは言いませんが。。。

これもSNSの難しいところではありますね。

 

嫁コールのヲタ社会的地位

Twitter利用者の多さは今更言うまでもないと思うんですが、こういうとき、賛否両論が出るのかと思いきや、圧倒的に否定的な意見ばかりで、そんなもんかなぁと思います。

個人的には、嫁コールについては空気が違いすぎるので否定的なんですがね😅

それとは関係なく、これだけ嫁コールをする人がなくならないなら、「自分はこういう意味で嫁コールをするんだ!嫁コールは正しい!」という人がTwitterをやっていてもおかしくないはずなんですが、そういった意見がほとんど聞こえてきません。

にもかかわらず、まだあれをやる人がいるということは、結局

 

嫁コール気持ちいい!これだけ人が大勢のところでこれだけのことができるオレ、カッケー!オマエスゲーな!って言われたいぃぃぃぃぃ!

 

…と思っているとしか考えられません。つまり確固たる理由があってやっているわけではないから、SNS上の批判に反論できない、だから出てこない、としか。

そういうふうに認識しておきますがそれで宜しいですか😁

 

影絵にも映えるスタイル

この“森の妖精”として推しメンが選ばれた理由は、誰も触れてないので不明なんですが、ひとつだけ言えるのは影絵として映し出されたときでも、誰なのかすぐわかるスタイルをもつ、ということです。

おそらく会場で実際にご覧になった方でも、すぐに誰と誰かはおわかりになったのではないかと。

佐藤詩織推しとして、これはたまらなく嬉しい。

スタイルと動きだけで魅せることができる、そう判断されたからこその起用だったはずなので。

…ということで、そういう意味でもう一度影絵パフォに触れておきます。

 

彼女にとってのアニラ

長濱ねるにとってのアニラ武道館は、もしかしたら彼女にとってのラストライブになる可能性がありました。

どんな気持ちでその一瞬一瞬を過ごしていたのかと思うと、いろんな感情がごちゃ混ぜになって私の中に存在します。

卒業の理由も、卒業後の進路も、未だ私たちにはよくわからない。いや、私たちにわからせる必要はないのかもしれないけど、でもだからこそもやもやしている方は多いと想像します。

そんな彼女が、ほぼ自分の軌跡として辿ってきた3年間を武道館で一つ一つ振り返っていく。

遅れての加入。ひらがなけやきの結成。誰もやったことのない兼任をこなし、人一倍両方のグループに気を遣いながら進めてきて、漢字専任となった後も様々な想いを抱えながらここまで来て、武道館のステージに立つ…。

何年か経ったあとに、この日のことを素晴らしかったとおもいだしてもらえたら嬉しいなぁと、欅坂46を見てきた人間の一人として思います。

 

あなたが神か

f:id:platanus0524:20190513120649j:image

f:id:platanus0524:20190513120702j:image

柿崎芽実が体調不良ということで姿を消し、濱岸ひよりも長めの体調不良*1井口眞緒も名古屋全握は元気がなかったということで、日向坂全体に疲労が蓄積していることが窺えます。

齊藤京子が欠席したという話も、私が知る限り過去に一度あったかな?というくらいでほとんど聞いたことがなかったんですが、それだけに衝撃が走りました。きょんこもか、と。。。

それでも、もっと衝撃が走ったのは、どういう種類の体調不良だったのかわかりませんが、ミニラは欠席したものの握手会には出席した、という事実です。

 

ありがた過ぎて涙が出る😭

 

日向坂一期生が心から握手会を大切にしている、ということがわかるエピソードだと思います。

 

きょんこお疲れ様。

本当にゆっくり休んでください。

 

嫉妬の矛先

まず大前提からいきますが、ここに映っている女性は確かに富田鈴花に似てはいます。

ただし、富田鈴花本人だと決めつける確証は何もありません。他人の空似ということも可能性としてはあり得ます。

もし富田鈴花でなかったとしたら、この方には名誉毀損に問われる可能性もあることを、この方はご認識されてのことかと心配になります。

 

では、仮に本人だとしましょう。

たとえそうだとしても、日向坂ヲタから上がってくるのはツイにある通り「別によくない?」「何が悪い?」「問題なし」のオンパレード。そして最後は「嫉妬でしょ」で終了です😅

 

ただいちばん怖いのは…

ここのまとめにも載ってた「個握で煽る」という行為をする人が出てこないかどうか、ということ。

嫉妬心が歪んだ形で現れる最たる例だと思いますが、この厄介だけは許すことはできません。

幸い、昨日の全握でそれをする人がいたという情報はないので今のところは安心ですが、今後の個握等では心配材料の一つです。

 

あなたの嫉妬心の捌け口で、多方面に多大な迷惑がかかるということをどうか肝に銘じておいてくださいね。

 

4年目も宜しく。

推しメンブログ更新。

本当に欅坂一期生にとっての武道館は、近くて遠い場所でした。

だからこそ感慨も…ひとしおだろうなぁ。

改めておめでとう🎉

 

完成されたものはやはり以前から

完成品は、ある日突然完成したりしない。

以前から完成されていたのです。

それが言いたいだけです😅

 

…長くなったので、欅坂二期生個握追加発表や、朝の情報番組アニラに触れる等は、明日のブログに回します。

*1:名古屋全握は元気に出てきてくれたみたいです。