櫻坂日向坂の上り方〜川島雅隆的編集後記

毎日ブログ、2022年9月1日から再開します!

櫻坂46に配属された2期生はいないー「ラヴィット!」のテロップミスをもとに、櫻坂の歴史を振り返る 2022年7月6日付



 

改めて推しメン玲ちゃん、「ラヴィット!」シーズンレギュラーおめでとう。

この番組は全てがうまく回っている。何がいい、と一つだけを取り上げて言えないくらい、全てがうまく機能している。その中で、当然芸人さんも生き生きしているし、そこに入ってくるアイドルも持ち味をしっかり発揮していると感じる。

そこへ、玲ちゃんも魅力持ち味の塊だ。

どの引き出しを使ったとしても、必ずいい方へ持っていってくれると信じられる。

緊張はもちろんあるだろうけど、思う存分発揮してくれればいい。

メモも空手もいい。その上で、頭の回転の速さをさらに出していってくれればいいなぁと心から願って。

 

 

さて。

彼女のせいでは全くないのだけれど、やはりどうしても気になったのは、この件。

 

f:id:platanus0524:20220707112446j:image

 

なんかね、自分でも自分がヤダなぁとは思う。

人の揚げ足とってるみたいで、とても細かい指摘をしているようで。

 

ただね、おそらく運営は何も言わないだろうけど、なんていうか、グループの名誉に関わることだとも思うので、誰かが言っておかないといけないような気もする。

 

 

 

 

 

確かに、櫻坂46は、2020年に結成されたグループではある。

その櫻坂の前身が、欅坂46であったということも、このブログをお読みいただいている皆様にとっては今更である。

ただ世間的には、今でも欅坂46だと思っている方もいるし、そんな方々は櫻坂46の存在を知らない。改名再デビュー1年半、自惚れてはいけないのは、そんな人々もたくさんいるのだということ。推しているとそういう客観的な目をどうしても忘れがちになる。

それだけ欅坂が世間に与えたインパクトが強かったということでもあるのだけれど…

 

時系列で言うと、2020年というのは彼女たちにとって、この上ないくらい波瀾万丈の一年だった。

もちろん世間のコロナ禍が本格化した年でもあり、徐々に活動が制限されていって、もとよりあった欅坂のグループ停滞とそのことが二重になり、とても舵取りが難しい時期でもあった。

 

 

 

 

2020年1月23日。

国立感染症研究所によると、東京都内で初めて新型コロナウイルス感染者が確認されたというこの日。

 

www.niid.go.jp

 

欅坂46を推す者としても、忘れえぬ一日となった。

 

f:id:platanus0524:20220707114429j:image

 

おそらくグループにとって、メンバーにとって、そして私たちにとって心穏やかではなかったこの日から、約1ヶ月後。

2020年2月16日。

そんなグループに新しい風を起こすべく加入してくれたのが、新二期生6名だった。

坂道研修生配属のSHOWROOM。その場所にキャプテン菅井友香、そして大園玲がいた。

 

f:id:platanus0524:20220707115304j:image

f:id:platanus0524:20220707115311j:image

 

話を主題に戻すと…

 

つまり「大園玲が加入したのは、欅坂46だった」ということ。

 

ここから彼女を含めた新二期生は、おそらく大変な毎日を過ごすことになったはずだ。

コロナ禍が本格化し、欅坂に限らず、芸能人アーティストの皆さんが通常の活動を制限される。そもそもグループ活動が停滞していた欅坂にとっては、痛手どころの話ではなかった。

自分達に何ができるかわからない。グループに所属しているのに、グループの力になることができない、と感じたことも多かったに違いない、そんな日々。

 

 

そして…2020年7月16日。

 

 

f:id:platanus0524:20220707115730j:image

 

 

あの日を、迎える。

 

坂道研修生が、配属されてからこの日まで、たった5ヶ月。

 

 

 

渋谷のビジョンに、改名後のグループ名が突然発表されたのが、2020年9月20日

 

f:id:platanus0524:20220707120058j:image

 

世に「櫻坂46」という名前が出たのは、この日が最初である。

 

 

 

欅坂46としてのLAST LIVEは配信のみだった。

こんな大切な日を、会場で見送ってあげられなかったことは、ずっと私たちの心に棘として引っかかる。

それが、2020年10月13日。

 

f:id:platanus0524:20220707120530j:image

 

欅坂としての活動に幕を下ろした直後、突如「櫻坂46」が私たちの眼前に現れる。

 

f:id:platanus0524:20220707120628j:image

 

既に、その場所に大園玲はいた。

 

 

そんな櫻坂46が1stシングル「Nobody's fault」をリリースしたのは、2020年12月9日。

 

まとめると

 

2020年1月23日 織田奈那・鈴本美愉卒業、平手友梨奈脱退、佐藤詩織活動休止

2020年2月16日 坂道研修生6名、欅坂46加入(大園玲はここで加入)

2020年7月16日 欅坂46、活動休止・改名を発表

2020年9月20日 改名後のグループ名を「櫻坂46」と発表

2020年10月13日 欅坂46、THE LAST LIVEを持って活動休止

2020年10月14日 櫻坂46活動開始

2020年12月9日 櫻坂46、1stシングル「Nobody's fault」リリース

 

長々と歴史を振り返ったのはなぜか。

欅坂と櫻坂の関係性を、より世間に知ってもらいたかったからである。

 

つまり櫻坂46に2期生が加入した」という事実は、ないのである。

 

 

 

 

 

たかがテロップ。

されどテロップ。

 

何度も言うけれど、もちろん世間的には細かい話なのだということは理解している。それでも、私たちにとって大切にしたい歴史、それもちょうど時代の移り変わりの部分の歴史なのである。

 

もう一度言う。

たぶん、誰かが言わないといけないこと。

 

 

ラヴィット!さんには本当にお世話になっています。

だからこそ、こんなことを申し上げるのは、とても心苦しいことではありますが…

櫻坂メンバーをご起用いただけるのならば、知っておいていただけると幸いです。

 

 

 

 

 

f:id:platanus0524:20220707121831j:image