櫻坂日向坂の上り方〜川島雅隆的編集後記

毎日ブログ、2022年9月1日から再開します!

その程度で怒りを感じていてはまだまだーちょっと納得いかないことどもを整理する(追記あり) 2022年6月10日付

platanus0524.hatenablog.com

 

 

気づけば結構な数のブログを書いている。過去にも一時期毎日ブログをしていて、そのときのや年末年始の節目に必ず書いてるのや、何かあったときは認めてみたりで、ちょっとした検索には結構上位でこのブログが表示されている。ありがたいことだと思う反面、こうやってずっと残っていくんだなぁと少し背筋を正す気分にもなったりで。

そんな検索で今回引っかかったのが、上記のブログ。

もう2年半前になるが、当時欅坂46を「正直欅坂はもうダメだ」という内容で書いたブログが発掘されて、当時の世間の欅坂熱の高さ、或いは9thが出る出ないで結構みんなが尖っていた時期でもあって、相当な話題を呼んだ。それに対してカウンターブログというか、欅坂はあれでいいんだという内容で書いたのがこのブログだった。

このブログを紹介したツイートが、1000いいねを超えていたことを思い出した。

そこまでのムーヴになるとは本当に思ってなくて、たくさんご賛同もいただいた一方で、2、3割はご批判のリプ引リツもいただいた。議論、という意味では実に健全な双方の意見のぶつかり合いの場を作ったブログとなった。結果的に。

まあ、その「正直欅坂は」ブログそのものは消えてなくなっていたけれども笑

 

あのときから少し時が経って、今はさらに、見方感じ方の違いなんて埋められるものでもないし、埋めようとすることそのものが、労力の割に実入りが少ない結果になるのは目に見えるようになった。自分の意見を表明するのはもちろんありだが、それを無理強いすることなんて、ろくな結果を生むはずがない。だから当時のこのブログでも、敢えて真反対な意見ではあったが、尊重はした。私には理解できなかったけれど、そういう意見が存在したという事実だけは間違いなくあったからだ。

 

ただ、これはこれで、意義はあったと今でも思っている。

もちろん欅坂46がこの一年後に櫻坂46に改名することになるのだが、それでも、今でも当時思ったとおり、欅坂46はあれでよかったのだという自分の意見に一点のブレもない。改名したからやはり失敗だったのだという意見には身をもって、そして何度でも抗ってみせる。

 

…何故こんな話をしているかというと、今日はどうにもクエスチョンマークのつく話が多かったからである。

 

f:id:platanus0524:20220611091848j:image

 

 

 

f:id:platanus0524:20220611091857j:image

 

宮田愛萌SRといえば、最近は穴の空いた服が話題ではあった。それ目当てで配信を見ていたおひさまもいないとは言わせない。もちろん、それ自体は軽めのセクシーで私なんかは全然許容範囲ではあるんだけど、おそらく2回は間違いなくそういう配信をしていたにもかかわらず、マネージャーが「そんな服で配信してるとSRやらせない」と注意したというのだ。

坂道ブランドを守るためにセクシー路線は写真集以外NG、と徹底していると言えなくもない。それはわかるけれど、ツイートにも書いたとおり、それなら何故何度かそのままやらせたんだ?と。だってマネージャーならその場にいるはずで、なんならその服でSRしてた場所に同席してたはずじゃないのか。そのときは何故言わなかったのかという合理的な説明がなければおかしいだろうということ。もし本当にこんなことを言ったとしたら、昔の世の母親が言ってたような、「あんた!宿題せんかったらご飯抜き!」という、今風に言えばパワハラにも近い理不尽さだと思っている。宿題せずに数回ご飯食べさせてるのに、急にそのセリフを言い出したら、子どもはたまったもんじゃない。

 

 

 

 

W-KEYAKI FES.2022。

イオンカード様は本当にありがたい。もう全くもって頭が上がらない。

昨年もコニファーのイオンカードブースは大盛況だった。それを思い出す。

 

イオンカード様には全く罪がないのだが、首を傾げたくなることはここにある。

例のW会員のFC先行、当選発表は明日だった気がするが、この次は各FCの先行が来ないとおかしくないか、という意味。イオンカード先行ということは、各FC先行を飛ばすことになるのだろうか。

さらにいえば、これは櫻坂のイオンカードを持っていれば、日向坂のLIVEにも応募できることになるので、私たちのような兼推しにはこれ以上ありがたいカードはないんだけれど、日向坂単推し勢としては、応募する機会が一つ失われた上に、櫻坂のイオンカードを持っている人にその機会を奪われることになる、という思いがあるようだ。

もちろんそれは、わからなくはない。

ただそれ以上に懸念したいのは、おそらく櫻坂の評判を下げる意図など全くない一連の動きであるにも関わらず、そういう捉え方をしているおひさまが櫻坂46というグループを嫌悪する方向へ行かれてしまうことが最も悔しいし悲しい。

彼女たちには、何の罪もないんだから。

火種を作るようなことだけは勘弁していただきたいところである。

もう少しなんとかならなかったのだろうか。

やはり、FCのW会員先行の後は、各FC先行を実施する方が理には叶っていた気がする。

 

 

 

(6/11追記)

いや、よかった。これが私が思う正しい形。

確かに、それでも「W会員の方がいい席を取れているかもしれないのは納得いかない」という各FC単独入会組の皆さんは一定数おられるだろう。

でも、やはりこれはフェスなので。

二つのグループがなぜ場所を共にしているのか、その意義が理解できる人の方が個人的にもいい席で観てほしい。

そして、ここまでやったのだから、どちらかのLIVEに、もう片方のグループが登場する可能性は考えておかないといけない。

サプライズにしたいのかもしれないけれど、そのときにブーイングでもする輩がいたら困るから。

ブーイングするためにそのFCに入って応募して当てて、現地に行くなんて狂気の沙汰だとは思うけど。

まぁそれはともかく、これでFC単独先行もしっかりあることになったので、Buddiesもおひさまも心置きなく応募されたし。

(追記ここまで)

 

 

 

で、そんな中である。

そうやって怒りや納得できないことが積み重なったところに、これの情報がやってきた。

 

基本気にする必要はないんだけど、せっかくだから一度真正面から斬り込んでみるか…

 

myjitsu.jp

 

というわけで、久々にカウンターブログをやってみようと思い立ったわけである。

 

この記事がとっ散らかってて何を読ませたいのか見えないのは、主をどこに置いているのか分かりにくいという、小中学生の作文で私が指摘する部分ができていないところである。添削して突っ返したいくらい。

つまり、櫻坂が売れてないからダメだ、というのが主なのか、乃木坂と日向坂が強い、ということが言いたいのか、一体どっちなのかということ。

記事の画像だけ見れば、実はそのどちらでもなく、「欅坂46の悪名が酷かったからだよね」というのが言いたいように見える。

 

だとすると、この書いている人は、やはり相当欅坂に対して何か思っていることがあるというのが本当のところであろう。それならそう書けばいいのに。

まさか言外の部分を汲み取れとか言わないだろうね。あんたは詩人か。

 

そしてこういう記事でいつも気になるのはこの書き方だ。

 

f:id:platanus0524:20220611013821j:image

 

ネット上では〜などの声が寄せられている。

 

ネット上にそういう声が寄せられている、と書くのなら、櫻坂を絶賛する声もたくさん寄せられているだろうが。

それを無視して、櫻坂批判の5ちゃんねるか何かの書き込みだけを拾ってきてるんだろうそれって。

そんなのを「寄せられている」とは片腹痛い。

だったら、

 

櫻坂46は、楽曲の魂を聴く人に届けることを最優先するグループ。デビュー1年半で、売上は順調に推移している。少しずつではあるが、多くの人に楽曲の魂が伝わっている証拠である。その証拠に、昨年はヨーロッパ最大級の音楽アワード「2021 MTV EMA」において、ベスト・ローカル・アクト賞の日本部門「BEST JAPAN ACT」を受賞した。

 

…ほら、まいじつ取り上げろよ。

ネット上にはそういう声が今ここにあるぞ?取り上げろよ早く。

ネット上に寄せられていたら取り上げるんじゃないの?

寄せられているぞ?取り上げないとおかしいだろ。

だって、ニュースサイトは公平性が命なんだろうが。

片方からの視点でものを書いて、ミスリード引き起こすなんてのをやるのは、メディアの風上にも置けないんだろうが。

 

…なぁ、どうせ取り上げないんだろあんたたちは。

だって、自分達の意にそぐわないネット上の意見だもんな。

 

櫻坂を、もっと言えば欅坂をこき下ろすことによって記事を作り上げ、あまつさえそれで金儲けしてるんだから、文春といいまいじつといい、本当いつもいつもやってくれるよな。

 

だから、私たちもぜひここで押さえておかないといけないことがある。

それは、この手のニュースサイトは、確実にマスメディアなどではない。社会の木鐸でもなんでもない。

売れれば勝ち、なのだ。

売るために書いているのだ。

アクセス数が上がるのだ。

それが、収入につながるのだ。

 

…ということは、今でも欅坂46の話題は、話題性として生きている、とも言えるのだ。

 

まいじつ、あんたたちの評判の悪さは今に始まったことじゃない。

だからこんなふうに言われるんだ。

 

f:id:platanus0524:20220611015013j:image

Wikipediaより)

 

ネット上の極一部の議論を「物議」や「炎上」として度々報道しており、

 

 

なぁ、ホントに、一度自分のやっている仕事をよく考えてみろよ、まいじつのライターさんよ。

フェイクニュースなんか、もう完全に作文でしょうが。

あなたの頭の中にある妄想と、あなたの好き嫌いをあたかも真実のように世間に晒して、それでお金儲けて恥ずかしいと思わないのかって。

まいじつ、それなら私が櫻坂46大絶賛の文章書いてやるから、それをそのサイトに載せてみたらいい。

どうせやらないだろうけど。

結局結論ありきで記事書いてるだけだろ。だからフェイクニュースサイトなんて言われるんだ。

フェイクニュースサイトのくせに、「欅坂46の悪名」とは恐れ入る。悪名ならあんたたちには勝てないよ笑

それでよく存続できるな恥ずかしい。

 

 

つまり、こういうこと。

週刊文春もそうだけど、最初に結論ありきで、それに沿う書き込みやツイートしか取り上げないんだよ。だから気にするに値しないんだこんなの。

私がライターだったら、間違ってもこんなフェイクニュースサイトに寄稿なんかするもんか。プライドが許さない。札束積まれてもやらん。

 

 

 

…久々に、ちょっとモヤモヤしたことをまとめて書いてみたという回であった。

 

 

 

f:id:platanus0524:20220611091749j:image