櫻坂日向坂の上り方〜川島雅隆的編集後記

毎日ブログ、2022年9月1日から再開します!

尾関梨香が少し離れて手に入れたものーあなたにありがとう2021 2021年12月4日付

休養して戻ってくるメンバーには押し並べて言えることなのだが、休養するという決断にもエネルギーが必要だったはずだけど、戻ってくるという決断はさらに大きなエネルギーが必要だったのではないだろうか。

私も一度入院して仕事を二ヶ月ほど休んだことはある。同じ土俵で語ることはできないが、そのときの経験を基に想像はできる。

 

f:id:platanus0524:20220116220233j:image

 

休む、ということは、大袈裟に言えばメンバーとは別の時空を進むことである。

メンバーが前に歩を進めているときに、自分はずっと立ち止まっていることになる。

つまり、そこに差ができる。

戻る、ということは、その差を埋めなければならない、ということである。

これは言葉に言うほど簡単なことではない。

リハビリ、というと語弊があるかもしれないが、たとえどんな形で休もうとこの事実は変わらない。もしこの休養期間に新しい曲が出ているとすれば、その振付も入れなければならない。長ければ長いほど、そのエネルギーが必要になる。

 

休まざるを得なかった期間に、では彼女が櫻坂46から完全に離れていたのかと言われれば、どうもそうは思えない。というか、これだけ全身全霊を捧げてきたものから、そう簡単に離れることなどできるのだろうか、という疑問が正しい。

 

見方を変えれば、一歩遠くから櫻坂46というものを見つめることができる機会、とも言える。

 

欅坂時代から尾関梨香は、そう目立つ位置にはいないものの、いないと困る人はたくさんいた気がする。

メンバーは言うに及ばず、私たちの側も彼女のいないフォーメーションは明らかに何かが足りないし、彼女のいない冠番組はやはり寂しい。

 

櫻坂46としての尾関梨香で思い出すというか、強い印象に残っているのは、1stシングルであるNobody's faultの歌唱メンバーに選ばれたことである。これは運営の大英断だったと今でも思っている。

f:id:platanus0524:20220116220313j:image
f:id:platanus0524:20220116220309j:image
f:id:platanus0524:20220116220315j:image
f:id:platanus0524:20220116220318j:image

ある意味、欅坂の良心。その一角を担っていたのは、間違いなく彼女である。

そんな彼女に、櫻坂のスタートの一員を任せる。

つまり彼女を大いに評価していたことの表れである。私はそう捉えている。

 

尾関梨香2022。

グループから少し離れて見えてきたもの、そして手に入れたもの。

これは彼女にしかわからない。でも、表現することはできる。パフォーマンスしかり、ラジオしかり、冠番組しかり。表現する場所はたくさんある。自分が得た宝物を大切にしまい込むことなく、今後のグループに生かす。当然、今後の尾関梨香にも生かす。

まだ今いる場所からさらに発展することができる。その余地はある。

 

実は相当楽しみにしているのが、尾関梨香2022なのである。

 

f:id:platanus0524:20220116220352j:image