櫻坂日向坂の上り方〜川島雅隆的編集後記

毎日ブログ、2022年9月1日から再開します!

武元唯衣の魂を受け止めることはできたのかーあなたにありがとう2021 2021年11月23日付

f:id:platanus0524:20211130120400j:image

 

武元唯衣の熱さを感じるとき、胸に迫る何かがある。

それはブログの文面でもそうだし、本人のコメントでももちろん感じること。

欅坂から櫻坂への過程の中、相当な葛藤の狭間でもがいていたことは容易に想像できる。

それが2021年にどういう答えになったのか。

 

やはり彼女の場合もBACKS LIVEがその象徴だった。

 

f:id:platanus0524:20211130121901j:image

f:id:platanus0524:20211130121912j:image

 

BANに限らずだけど、欅坂・櫻坂の曲の中には、演るほうも観るほうも魂を揺さぶられる曲がたくさんあって、私はよく口にするのだけど、演る側が全力で投げてくる以上、受け止める側である私たちにも「観る覚悟」を必要とされる。

全身全霊には、全身全霊で。

言葉が違うのを承知で言うと、これはある意味、彼女たちと私たちとの魂の戦いでもあるのだと。

演じる、そして観る。対峙する以上、そこには伝えられるか、そして受け止められるかの戦いがある。私はそう感じている。

 

BANは魂だ。そういう意味で。

 

大沼晶保のBANも痺れた。

齋藤冬優花のBANにも、さすがの洗練さを感じた。

 

武元唯衣のBANにも、彼女がおそらく今まで感じてきたであろう葛藤が乗った魂が、そのままオブラートなしにぶつけられ、受け止めるのに必死だった記憶がある。

でも、それでいい。それでこそ櫻坂46の真骨頂。

 

武元唯衣、といえば、もう一つ。

バラエティにおける「強さ」を再確認した年でもあった。

 

f:id:platanus0524:20211130130929j:image
f:id:platanus0524:20211130130924j:image
f:id:platanus0524:20211130130936j:image
f:id:platanus0524:20211130130934j:image
f:id:platanus0524:20211130130919j:image
f:id:platanus0524:20211130130926j:image
f:id:platanus0524:20211130130931j:image
f:id:platanus0524:20211130130921j:image

 

他にもたくさんあるけれど、印象に残ってるのはこれか…

松田里奈や井上梨名もそうだが、このタイプが確かにかつての欅坂にはなかなかいなかった。これができるようになったのは、グループとして大きい。確かに大きい。

 

魂で魅せられる人。そして、バラエティで自分の立ち位置と振る舞いがわかる人。

天性の部分もあれば、育てられた部分もあるとは思うけど、その要素があるということがどれほど貴重であるか。

 

惜しむらくは、まだ外番組への露出が少ないこと。

2022年はその辺りの期待を高めたい。

もちろん外番組では、まだ武元唯衣という存在を知らない共演者、そして視聴者がいる中での「戦い」となる。もちろんまだまだ櫻坂の中だけでの「強さ」の部分はあるのだろう。だけど、挑戦する甲斐はある。

 

あの気持ちの強さが、必ず結果に導いてくれると信じている。

 

 

2022年。

櫻坂46としても2年目となる。

世間的な評価で言えば、欅坂を引き継いだグループとしての評価も混ざり、さらにそこに1年目という祝儀も加わっていた感はある。

2年目は確実に、誤解を恐れず言うならば、欅坂のことを彷彿とさせないグループとならなければならない。

 

そのために、彼女にかかる期待は大きい。

 

そしてそれを、きっと彼女は知っていることだろう。

 

 

 

f:id:platanus0524:20211130131732j:image