櫻坂日向坂の上り方〜川島雅隆的編集後記

毎日ブログ、2022年9月1日から再開します!

確証ないほど拡散させる心理

ブログに先立ちまして、東海関東東北方面の皆様へ

本日10/12は台風19号接近による影響が大きくなっており、おそらくこのブログをご覧になるような余裕のない方も多くおられると思います。

このブログを執筆しているのが12日夜ですが、これからさらに大きな影響が予想されます。

夜になってからの本格的な影響による心配は尽きません。

 

どうかどうか、命を守る行動をお心がけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

今から書く話は既に解決したことであるのですが、ちょっと違う視点で今回のことを見てみたいと思うわけです。決して蒸し返すとかそういうことが目的ではありません。

 

今朝は当然のようにその台風関連がTLに流れてきたわけですが、そこに挟まる形で、菅井友香の名前がいろいろ躍っていて。

f:id:platanus0524:20191012184749j:image

ゆっかーのしていたネックレスが云々ということで何かいなと思ったら、その発端のツイートはこれでした。

f:id:platanus0524:20191012172247j:image

ネックレスが同じだから匂わせなんじゃないか、つきあっているんじゃないかということをこの方は仰りたかったんだと思いますが…

結論から言うと、ゆっかーがメッセでこの件に触れ、お祝いに身内からもらったものであることをはっきりと述べており、これで落着しております。

 

最初にツイートしたこの方は、今や既に垢消ししておられます。

 

ここだけはどうしても言っておきたいのですが、結局この方も何の確証もなく、ご自分の思い込みでツイートしてしまい、おそらくご自分が思った以上の反響があったためにツイ消しどころか垢消しされたということなのだと思いますが。。

これははっきり申しますが、「逃げ」というのです。

そして、この「逃げ」ができてしまうのがインターネットの世界、SNSの世界なのだなと。

仮にこの方が社会人で、会社等で自分の思い込みで虚偽の情報を流してしまったら、逃げることなんてできません。謝罪と責任を追及されます。

 

とはいえ、人間ですから間違いもあります。

間違ったり、よくないことをしてしまったとわかったりしたら、まず謝る、ということから始めましょうね、などということは小学生でも知っています。

もちろんその謝罪を受け入れてもらえるかどうは時と場合によりますが、少なくとも痕跡を消して逃げるなどというのはもはや卑怯の類です。

 

私の流儀にないことです。だから信じられない。

 

これが癖になると、必ずこういう人は何かあったら逃げます。

そんな一生逃げ回る人生で本当にいいんですかと問いたい。

 

いわゆる〝ジャニヲタ〟と呼ばれる方だとは思いますが、だからといってジャニーズのファンの皆様を十把一絡げにして語る気は毛頭ありません。

 

もしご自分の仰ることが正しいんだと思えば、堂々としていらっしゃればいいことです。

それができずに垢消しして逃げてしまうと、自分の間違いを認めたことと同義ととられます。

 

いずれにせよ、未成年の方も含めて肝に銘じておきましょう。

自分のツイートは残るのです。たとえ消したとしても、なかったことになるわけではありません。

そして、書いたことには責任が生じるということも。

 

それもあって、先日のブログでも書きましたが、動画ツイートをするということは、何かあったときの責任をとるという覚悟があってのことです。

 

それはともかくとして。

この方が発端なのは間違いないようですが、この件が拡散するきっかけとなったのは、おそらくこれだと思われます。

で、これを受けて、当然欅坂界隈でこのことについてツイートする方、或いはそれにいいねRTをされる方が続出して情報が拡散していくわけです。

 

今一度、私も含めて確認しておかなければと思うのは、Twitterのシステムです。

いいねを押す、或いはリツイートをするということは、自分のFFさんにそのツイートを拡げるということでもあります。

自分がシンプルにいい!と思ったからいいねを押した、としてもそれが自分のFFさんのTLに表示される、ということをやはりしっかり頭に置く必要があるのではと。

 

その上で、この件を拡散した方々の心理に迫りたいと思います。

 

菅井友香さんという人は、欅坂46のキャプテンである、ということ以上に、メンバーと私たちファンにとっても精神的な支柱である、と申し上げて反対される方はあまりおられないのではないでしょうか。

そんな彼女に、降って湧いたような今回の騒動。

 

まず正直に申し上げるなら、彼女のことを信じているのであれば気にも留めない、というのが本当のところのように思います。

 

つまり、ツイートにも触れないこと。

 

Twitterのシステム上、「そんなわけない」「バカじゃないの?」などと反応するだけでも、その噂を拡散することになるのです。結果、その噂を知らなかった人の目に留まり、さらにそこから根を広げるように噂が広まっていく。

噂を消そうと否定するようなツイートをされたかったのだと思いますが、実はシステム上全くの逆効果を生み出すのです。

 

さらに深層心理に迫るのであれば、これに反応したツイートをする、ということは…はっきり申し上げますよ。

 

心の片隅で、もしかしたらそうなのかもしれない…と思っていたところがあるのではないですか。

 

自分の不安な気持ちをかき消す意味で、「そんなはずはない」というツイートをされた、ということはないでしょうか。

 

もちろんTwitterは、ある程度の自由が認められています。先日の某切り身氏のように正義ぶっていながら複数の方に迷惑をかけるような行動をとっているのは論外ですが、自分の想いをつぶやくことに関してはそのほとんどは自由です。

ただ、少しでもメンバーを疑ってしまう気持ちがあるとしたら、それはとても辛いことではないでしょうかね。

 

実際、過去に芸能人の中で、SNSを利用していわゆる「匂わせ」というのをやっていた人もいるので、お揃いなんじゃないか、付き合っているんじゃないかと言われてそう見えてしまった方々の気持ちがわからないわけではありません。

 

アイドルの特性と言えるのかもしれませんけど、疑似恋愛というか、好きになってもらわないと話が先に進まないのでしょうが、そうするとそこから恋愛のときと似た、誰か他の一人のものになってもらいたくない!という感情が湧くんですよね。

恋愛禁止というのも正直なんだかなあと思うところもあるんですが、このルールを設定する必要があるとすると、結局その疑似恋愛の感情を抱くファンが離れていってしまうことを危惧してのことなのでしょう。

 

だいたい、リア充恋愛も好きになった側の負けです😅

正確に言うと、好きの感情の強い方が負けなんです。

結局相手の一挙手一投足に振り回されることになるのは、そちら側。

主導権は「好きになられた側」にあります。

でもそれでいい、という場合はその限りにあらず、ですけどね。

 

ただ誰かを何かを好きになる、というのは本当に素晴らしいことだと思うんですよ。

逆に言えば、そういう感情を知らずに一生を終えていくというのは、私にとっては考えられない。

 

好きだからこそ、ずっと見ていたい

好きだからこそ、信じていたい

 

でも好きだからこそ、疑ってしまう

 

もうまさしく「恋愛」そのものだと私は思っています。

 

私自身は、あまりアイドルを好きになったことがなくここまで来たので、この感情がわかるようなわからないような微妙なところではありますが、誰かを信じていたいけど全面的に信じられない、けど信じたいという気持ちはわかります。

 

ただね。

そこで菅井友香さんという方の今までを、もう一度よく思い出してほしいなと思うんですね。

 

特にキャプテンに就任してからの彼女は、本当に大変な道を歩んできたと思います。

おそらく、ずっとずっと考え込んだり、これから自分たちが進むべき道に迷ったりしたことは数え切れないくらいあったと思われます。

それでも、自分たちのグループを大切にする姿勢を何度も目にしてきたし、私たちの前に出てくるときは、とびきりの笑顔を絶やさない。

ゆっかーとはそういう人なんです。

そこからたくさんのものを私たちはもらったのではないんですか。

 

そういう人を疑ってしまう、、

悲しいことです。

 

もともと拡散させようという意志があってしていた人

自分の気持ちだけを伝えようとして、結果拡散を手助けしてしまった人

 

いろいろあったとは思いますが、「噂」というものが確証のない状態で拡散していく姿をリアルタイムで見つめることになったので、その心理に迫ってみました。

 

 

 

好き、という感情はかくも扱いが難しいもの、ということですかね。

 

 

 

同じことが今後起こったときの備えとして。

 

 

 

f:id:platanus0524:20191012184810j:image