櫻坂日向坂の上り方〜川島雅隆的編集後記

毎日ブログ、2022年9月1日から再開します!

優雅さと情熱の融合ー欅坂46全ツ大阪二日目

冒頭ブログ内容に先立ちまして、この度の九州北部の豪雨で被災された皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く平穏な日々を取り戻されること、そして皆様のご健康を衷心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

欅坂46全ツ大阪二日目、メンバーならびに参戦の皆さま、改めて本当にお疲れ様でした!

この二日間でも結構色んな方とお会いさせていただいて、今更ながらネットの力というのは自分が思っている以上に強いんだなということを実感しております。

f:id:platanus0524:20190829133153j:image

 

私川島とお会いいただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

このブログもそうですが、Twitterも含めていろんな影響力があります。

ご覧いただけるだけでも光栄なことなんですが、心に留めていただけるというのは恐縮しかありません😅

推しメンに恥じないように邁進してまいります♪

f:id:platanus0524:20190829133314j:image

 

———————————————キリトリ———————————————————

 

さて、その全ツ大阪二日目。

 

 

前日にはサプライズの平手友梨奈復活。

どこまで書いていいのかわかりませんが、私が思うギリギリまでを書いておきたいと思います😅

 

この日は最初のOverture映像に平手の名前がありました。あれが出演者という意味で流れているのなら、平手が出てくるのはその時点で既定路線ということになります。

そして、避雷針のみでの参加。

ここは初日と全く同じでした。

 

それにしても、やはりそこにいるだけで空気を持っていける力がある人。

 

昨年の全ツ神戸ではアリーナだったんですが、ほぼ同じような角度から眺めていました。ただアリーナは傾斜がない分、平手の姿はわかったんですが、なんというかこう、肉眼では立体感がないというか。

逆に立体感をモニタで確認するというような感じでした。

今年の場合は天空席なので、逆に立体感はあるものの表情はモニタでないと全くわからない。でも、もともと出演予定のなかった平手友梨奈がそこにいる、というのはやはり強い付加価値を生むわけです。

 

結局曲以外は一言も言葉を発さずに消えていく、というのもまた平手らしいというかなんというか😅

 

仙台初日と比較してしまうと、必然的に仙台の内容に触れざるを得なくなるのでまだ押しとどめますが笑、ただ一つだけ申し上げておきたいのは平手のいる世界線といない世界線では、LIVEそのものの見え方が違ったというのは、少なくとも私の中で事実です。

ただそれを…その違いを言葉にするのがとても難しいんですよね。実はずっとそれを考え込んでいます。

 

語弊があるかもしれませんが、結成当初から欅坂46を見てきた自分から見ても、仙台での「平手友梨奈のいない欅坂」も、ブレることなくその世界観に溢れていました。どこかしら感じられる自信のようなものがそう見せてくれたのかもしれません。

大阪も、避雷針以外はそれでした。

何の心配もなく、グループで一つになって見せるものについては全く心配することがない。

そしてこれも私がよく申し上げることではありますが、この状況を最も望んでいるのは誰あろう平手友梨奈であるのではないかと。

自分が目立ちすぎて、他のメンバーに陽が当たらないのが悔しい、もっと見てあげてほしい。

そう考えている平手にとって、全員が欅坂としての魅力を爆発させている状態は、この上ない喜びではないかと思うのです。

 

そして、そこにその平手が戻ってきて、避雷針。

 

やはり、平手が全力疾走して抱きつくシーンでは、グッと心にくるものがありました。

 

 

 

 

それともう一つ、これは完全にネタバレの類ですが、どうしても触れておきたいことがあります。

 

それが、佐藤詩織のソロダンス。

 

…前日。

無券参戦後に仕事に向かって、仕事後に内容を知ってどれだけ意気消沈したか😅

平手友梨奈の限定復活。

佐藤詩織のソロダンス。

私の見たかったものがそこにあるというのに。

入口の目の前まで行ったのに。

 

見れずに仕事とは。

 

こんなに仕事の存在を恨んだ日はないですなー笑

 

私が席に着いたのは17時半過ぎだったでしょうか。

後ろの女子二人組はすでにそのときおられました。

おそらく前日も参戦していたとみえて、ずっと話していたのは初日の内容。

 

もうね。

話に入っていきたいくらい共感できることしか言ってないんですよ😁

 

で、トドメに推しメンの名前が出てきて。

 

 

そういえば、私が佐藤詩織を推そうと思ったのは、あれだけのポテンシャルも能力もあるのに、何故注目度が低いのか、というところから来ていたと思います。

私の力など微々たるものですが、彼女自身が自分で少しずつ切り拓いて、今の状況があるのだと私は思っています。

そして、今やこうやってセンター待望論が出るまでになった。

 

こんなに嬉しいことが他にありますか😂

 

開演。

 

美しく妖艶に舞うソロダンスのシーン。

リアル影絵のようではあるものの、あの動きができるのはまさに推しメンしかいない。

佐藤詩織しかいない。

目線的には天空席である自分と似た高さになっていたので、ある意味真正面にその動きを確認することができました。

 

その後のMC

f:id:platanus0524:20190829125428j:image

「その日の気持ちで踊ってほしいって」

確かに言ってました。

あの動きのしなやかさ、そしてアドリブで毎回変えることができるスキル。

推し補正を排して見ても、それだけ信頼されているというのはもっと評価されていいのではないかと。

 

 

 

 

いや、それにしても本当に思います。

ネタバレせずにLIVEのことを書くって本当に難しすぎる!笑

 

ネタバレしない、は今年でやめます笑笑

 

 

さて。

次は、豪雨で被害も出ている福岡です。

実はそのことを九州出身の関有美子・森田ひかる・松田里奈はどう感じながらパフォーマンスしていたんだろう…ということも考えたりしました。

一週間でどこまで復旧しているかわかりません。

もちろんこの後まだ雨が降る可能性もあります。

 

そんな中での、福岡3days。

 

さらに、平手友梨奈は次回はどう関わってくるのか。

 

そして、推しメンのソロダンスはどう進化するのか。

 

私は行けませんが、参戦の皆様はくれぐれも周囲の状況に注意されつつ

LIVEのほうは様々なポイントにご注目ください。

 

 

 

 

 

次の私はドームだ‼️

待ってろ後楽園❗️👍

 

 

 

 

f:id:platanus0524:20190829133406j:image