櫻坂日向坂の上り方〜川島雅隆的編集後記

毎日ブログ、2022年9月1日から再開します!

その高い視線の先にある光景ー土生瑞穂生誕祭 2019年7月7日付

本日7月7日は、土生瑞穂さんのお誕生日です。

最近の彼女は本当に、絵に描いたように一皮剥けたと思っています。

「人見知りで引っ込み思案」と自分のことを言っていた彼女が、堂々とセンターを務めるまでになった。

それはもちろん、本人の努力も大きいに違いないのですが、実は原点はここではないかと思っているのが「欅って書けない?」のモッツァレラチーズゲームのときでした。

実際、このあとから目に見えて彼女が自信をつけたように感じています。

 

他人から見ても、その人の悩みというのは奥底まではわかりません。

みづの場合、恵まれた存在感を持っているのに、本人の性格がそれと真逆で途中まできてしまった。

ポテンシャルは高いのに、活かせるチャンスを失ってきた。

おそらく本人もそんな自分が嫌で、変わりたいと思っていた。

 

でも、自信を持てるようになった。

 

もちろん、今でも根っこの部分では以前の土生瑞穂が消えたわけではないと思います。それはおそらく本人がいちばんよくわかっているはずです。

でも、少なくとも前に出られるようになったことで、新しい自分に出会ったような気持ちになっているかもしれません。

それが、冒頭のアンビバレントや、平手友梨奈欠席時のエキセントリックへと繋がっていったのでしょう。

 

自分に打ち勝つ、というのは言葉ほど簡単ではありません。

でもそれを実践できる強さを、彼女は手に入れたことになります。

そして、欅坂46というグループとしては、いろんな意味で成長したメンバーを迎えることになり、今まで以上の「戦力」を手に入れたことになります。これはとても大きいこと。

 

この一年、彼女がどんな光景を目にし、どんな光景を私たちに見せてくれるのか、とても楽しみです。

 

f:id:platanus0524:20190707220404j:plain

おめでとう🎉みづ♪