櫻坂日向坂の上り方〜川島雅隆的編集後記

毎日ブログ、2022年9月1日から再開します!

24歳児とは言わせないー渡辺梨加生誕祭

f:id:platanus0524:20190516114929j:image

梨加といえば、とりあえず衝撃的だったのは、欅坂46初合宿の集合時。

f:id:platanus0524:20190516115451j:imagef:id:platanus0524:20190516115502j:imagef:id:platanus0524:20190516115511j:image

…いやーあまりに衝撃的で忘れないですよこれは😁

そしてその後のスタジオトークでこんなニックネームがついたことを、覚えている人はほとんどいないでしょう。

f:id:platanus0524:20190516115627j:image

このとき以外で一回も呼ばれたところを見たことはありませんが😅

 

まぁそれからの梨加のポンコツエピソードには枚挙に暇がありません。

 

でもね。

やっぱり愛すべき存在なんですよこの人は。

 

そして私が最も「渡辺梨加といえば!」というシーン。それは…

あの欅坂46伝説の紅白。

f:id:platanus0524:20190516121303j:imagef:id:platanus0524:20190516121439j:image

平手友梨奈さん・鈴本美愉さんファンの皆さんには、あまりよくない記憶を呼び起こしてしまったかもしれません。申し訳ありません。

ただ、どうしてもこれだけは言いたい。

 

後でこの写真を見たときに、この梨加の眼を見たときに、泣きました。

 

あのとき、後ろに梨加がいたこと、そしてあの何かを訴えかける眼は、普段の梨加からは考えられないものでした。

目の前で鈴本さんの動きを見ていて感じたもの、いろいろあったんでしょう。

もちろん他のメンバー後ろにいても同じようにしたに違いありません。

ただ、そこにはやはり最年長の安心感というか、梨加が支えてくれたというのは、本当に大きかったと思っています。

 

そして、彼女が努力の人であるということ。

ダンス未経験での人が、不協和音を踊れるようになるというのは、あまり語られませんが並大抵の練習量ではないと思います。

不協和音だけじゃない。欅坂の曲のハードさは聞きしに勝るもの。それをこなしているあなたはもはやポンコツでもなんでもない!

…少なくとも私はそう思っています。

 

もう24歳か。

でもあなたにはずっとずっとこのままでいてほしい。

 

おめでとう🎉

f:id:platanus0524:20190516122444j:image