櫻坂日向坂の上り方〜川島雅隆的編集後記

毎日ブログ、2022年9月1日から再開します!

【閲覧注意】我慢できないのでネタバレブログを書きます笑

 

勝ちに行く。

f:id:platanus0524:20190510014109j:image

欅坂46アニラ武道館初日、参戦された皆様お疲れ様でした。

スゴいもの見ることになったでしょ。

私は武道館はおろか、大阪にいながら城ホールすら行けない失格ヲタではありますが、多方面から漏れ伝わってくる様子や、二期生の生傷などを考えると、アニラ大阪とは全然違ってくることが容易に想像できました。

実に微妙なところでしてね。

アニラ大阪は賛否両論に分かれました。見ていない私は何も語れないものの、乃木坂46の「シンクロニシティ」を入れたことでもわかるように、本当に明るい曲調が続いていたという気がします。

 

欅坂46を今も観ていたいと思える人は、やはり、心の底から揺さぶられるような世界観の虜になっている人が多いんじゃないかと思うんですね。

対して、初期の欅坂のような、明るく、典型的アイドルとしての彼女たちを観たい、という人も少なからずいることは知っています。でも、それが最近難しいと知って離れていった、それこそ日向坂に流れていったというような方もいるでしょう。私はそれが間違いだという気はありません。

私はよく存在意義という言葉を使いますが、欅坂の存在意義って他と比べても特異性があると思うんですね。それは例えば、芸能界で欅坂ファンを公言している皆様を見ても思えることですが、どう考えても「アイドル」という枠で見ている気がしないんです。そこに欅坂の欅坂たる所以が見えてくる気がしています。

アイドルらしい欅坂もいいでしょう。私ももちろん嫌いではありません。

 

ただ、やはり彼女たちには心の底から震わせてほしい。

紆余曲折を経てきた彼女たちにしかできない表現で。

 

菅井友香が言っていたように、“全員が魂を削って踊る”パフォーマンスでしか、目の肥えた自分たちのファンを満足させることができない、そういうところまで彼女たちは来てしまった。そう思います。

そして、そう思うと、涙が出ます。

そんな限界突破の表現と引き換えに身に受けるダメージは、並ではありません。おそらく。

 

でも、ずっとついてきてくれているファンが彼女たちに求めているものはやはりそれしかない。

 

ファンはファンで、その限界突破の姿を観たい。でもそれをすると、彼女たちの身体に大きな負担を強いることになるし、本当はそれをしたくない。

 

そういうアンビバレントが生み出された状態で、今日を迎えているんだろうなと。

 

…実はセトリを見て、そんな感想を抱いていました。

 

では、ここから本格的ネタバレに入ります。

 

「以上、欅坂46でした!」

驚いたというか、一瞬何が起こっているのかわからなかったのが、一曲目からやってきた「危なっかしい計画」。

アンコールの定番というか、これでライブを締める!みたいに使われているのが予定調和な気がしていたので、そこを崩してきたかと。

 

で、その直後の「以上、欅坂46でした!」

 

…え?

 

でしょ、そりゃ。

 

ということでセトリですが、アニラ大阪のセトリとの比較で感じてみたいんですね。

f:id:platanus0524:20190510014725j:imagef:id:platanus0524:20190510014622j:image

私はアニラ大阪も無券参戦だったので後付けで知ったんですが、ダブアンの最後が「危なっかしい計画」ということで、ここから繋がる流れで、

「アニラ大阪のアンコールから武道館が始まった。そうすると、2曲めからはあくまで大阪のアンコールか」

という解釈が生まれるわけです。

 

そしてそこからの鬼セトリ。

 

いや、鬼でしょこれ。

 

皆さん仰ってるけど、自分のプレイリストに欅の曲を並べるときに似てませんか。

で、「LIVEでこんなの無理だよなー」という結論になる。そんなセトリ。

体力がもつのかどうか気が気でない。

 

最後にアンビバなんて、誰が考えたのかという。

 

つまり真剣勝負なわけです。

彼女たちは本気でこのライブに勝ちに来ている。

それが表れているセトリだったなと思います。

 

歴史の証人。

もちろん、披露されていない曲もあります。

ただ、このセトリを見せられて、そこもやってほしいと願うのは。。

気持ちはわかりますよ。

わかるけど。

 

アンコールがなかった*1、ということに異を唱えている人がいるのも知っています。

わかるけど。

 

セトリを見る限り、あれ以上を望むのはあまりにも酷。

 

今日明日に影響が出ないことを祈るばかりです。

 

このまま千秋楽を迎えたとき、いったいそこに何が残るのか。

何が存在しているのか。

正直気が気でない状態ですが。。

 

それでも参戦の皆様には、彼女たちの歴史の証人になってきていただきたい。

 

よろしくお願いいたします。

f:id:platanus0524:20190510105041j:image

 

以上、情報だけから書くアニラ武道館初日でした😅

在宅勢ブログなので、実際に参戦された皆様の熱量とは全く違う内容になったことを陳謝いたします🙇‍♂️

*1:最初の計画のあとがアンコール、という概念が成り立つという説もあります。つまりほぼ全編がアンコールだったということになります。