櫻坂日向坂の上り方〜川島雅隆的編集後記

毎日ブログ、2022年9月1日から再開します!

現在過去未来。 2019年4月26日付

 

謝るな。あなたは何も悪くない。

山口真帆さんの本当に尊敬できるところは、ここまでの事態になっても、特定のメンバーの名前を出さなかったこと。

それはなぜかと考えたときに、やはりNGT48が好きだったからなんだろうなと。

だから変わってほしかった。ちゃんとしたグループにしたかった。

でもなってくれなかった。

そう思うと、卒業なんて本当にしたかったとは思えないんだよね。

あんなグループにいることはない、卒業大正解なんて言う人もいるけど、当の本人がそう思っているようには思えない。

そして、もし卒業したくないのに、せざるを得なくなったとするとあまりに不憫すぎる結果。

 

この一件に携わった人間達よ。

本当にそれでいいのか。

お天道様に背を向けて生きるなんて、あなたのご両親が望んだのか。

人の心がまだかけらでも残っているなら、自分の行いを見つめ直してくれ。

 

迷走の行き着く先に

よく「褒めて伸びるタイプです」って言う人がいるでしょ。

そりゃ人間だから褒められたら嬉しいよね笑

褒められて嫌な気がする人は相当エキセントリックでしょそれこそ😅

逆に、怒られて喜ぶのはゆっかーとかかとしみたいなそっち系の人だし😁

まぁある意味褒められて伸びるのは当然なんだけど、この人は本当に褒めてあげてほしい。

というか、よくよく見るともっと認められていい才能がたくさんある気がする。なぜか埋もれ気味なのがとってももったいない。

 

そういえば、佐藤詩織を推すきっかけになったワードが

もっと報われてほしい

だった気がする。

ということはつまり、私の推しポイントの一つがそれなんだ。

日向坂46推しメン選手権。

富田鈴花、一歩リード😉

 

気づけばこんなことに。

最近髪色明るくなったなーと思ってたら、明るいどころか金髪になってしまったみいちゃん。

鈴本さんも似たような髪色だったし…

 

え、待って。

 

欅みんなでパツキンになる?😅

 

平手友梨奈の17年

平手友梨奈にカリスマ性があるのは異論のないところだと思っている。

カリスマ性って誰にでもあるものでもなく、ましてや育てられるものでもなく、いわゆる天賦の才能。

そして、どんな過去を過ごしてきたかということに関わると思っている。

あまり語られることのなかった、平手友梨奈の過去。

欅坂46に入る前の平手がいったい何を見て、何を聞いて、何を思って生きてきたのか。

結構そこにヒントがあるようにずっと思っていた。

 

読む前から、妙な緊張感に支配される、そんなインタビューもつくづく珍しい。

f:id:platanus0524:20190426112142j:imagef:id:platanus0524:20190426112151j:image

変わったといえば、変わった。

変わっていないといえば、変わっていない。

この不思議な感覚の源泉が、このインタビューで明らかにされるのかどうか。

 

れいわ⤵︎

ちょうど昭和から平成に改められるとき、私は高校生だった。

「昭和が終わる」ということがリアルに受け止められなくて、結構ぼーっとした記憶がある。

平成生まれの人の心理状態って、それに近いのかな。

ただ令和の礎を作っていくのは、そんな平成生まれ世代だからね!😉