In the middle of a slope ―川島雅隆的ブログ―

理性と感情が戦えば、勝利するのはどちらでしょうか…??

6thシングル個別握手会1次受付

まずは、佐藤詩織推しの皆様、改めてお疲れさまでした。

f:id:platanus0524:20180210002638j:plain

個人的に佐藤詩織が最も映えると感じるフォト



そして、私のような者が偉そうに仕切る形になってしまったにもかかわらず、たくさんの方にご協力いただき、本当に本当に感謝しています。

 

ありがとうございました。

 

個握申込の結果⇒6thシングル音源OAと、最も張り付いていたかった時間帯が仕事の真っ最中で、こんなに仕事を恨んだのは久しぶりでしたが笑

 

まずは申込の結果から

今回は本当に悩みました。

悩んだ結果がこちらです。

f:id:platanus0524:20180210000828j:plain

はい、1次結果、これだけです。

 

まず、日程から確認する必要がありまして。

f:id:platanus0524:20180210001119p:plain

3月からの仕事の編成がまだ確定ではないのですが

おそらく土曜日に仕事があるだろうと。

3/21が休みになるかは、来週にならないとわからない。

6/24は日曜ですが、例年通りでいけばここも仕事になる可能性が高い。

4/22と6/10も、正直言えばスケジュールが不明。

 

…申し訳ありません。

あんなに宣伝の旗振り役をやってたわりに、実は全部行けない可能性があったわけです。

ただそんな話を、1次申込が終わるまではしたくなかった。

そして、実際受付が始まって、どこかで行ける可能性はないか関係各位と調整しながらずっと探しており…。

 

しかも、それは現在進行形です。

 

それでも3/17の3部を押さえた理由

それは、言うまでもなく「皆様と一緒に決めた、完売を狙いに行く枠」だったからです。

ただ、これが悩む理由でした。

自分が申し込んで、なおかつ完売となった場合、自分のせいで「誰か」が行けないことになってしまうかもしれない。しかも、自分が最悪行けない可能性もある。買った券を干すなど、彼女に迷惑がかかる。

ただし。

もし自分が申し込まないことで完売とならなかったら、彼女に申し訳がたたない。今回は一次完売が目的なので、自分のせいで完売とならない可能性もなくはない。

という気持ちもありました。

 

葛藤でした。本当に葛藤しました。

正直、仕事が手につかなくなる一歩手前まで悩みました。

 

Twitter上で申し込んだみなさんの当選落選結果を拝見しながら、私としては

 

「完売が出て、抽選になって、私が落選すれば他の人が傷つかないで終われる」

 

 と思ったりしました。

 

そして結果は、上記の通りです。

 

でも、その結果を見ても…もちろん心から喜べず。

推しの握手に当選したのに、喜べない。

こんな気持ちになる日が来るとは、夢にも思いませんでした。

 

他のメンバーに投げなかった理由・他の部に投げなかった理由

行ってみたいメンバーはたくさんいます。

ただ、これは勝手な責任感です。

こんな理由もないもんだと自分で思いますが。

あれだけ偉そうに旗振って、他のメンバーに握手に行くのは、自分の中で違和感しかなくて。

かといって、詩織の他の部に投げて当たったとしても、全く行けない可能性もあるので最悪死券が増えるだけかもしれない。

だから、1次で投げるのは、ここだけにしよう。

そう思いました。

 

そして、私の戦いはここから

現在進行形、と言った通りで、実はまだ休めるかどうかは確率が50/50です。

もし休める、となったら一気にいろんなことが動きます。

2次の申込も考えます。

ここから一週間、私はまた関係各位と協議に入っていきます。

東京ビッグサイト参戦となるかどうかは

もう少しお待ちください。

 

そんなことは置いといて笑

長々と自分の話ばかりで申し訳ありません。

そんなことより、佐藤詩織の一次完売、これが最大のミッションです。

完売が確定するのは来週の2次受付時。

forTUNEの申込のプルダウンが「SOLD OUT」に変わっていれば、完売ということになります。

実際のところ、今回の抽選で落選が出れば、完売の一つの大きな目安になるわけで。

TwitterのTLで詩織の申込落選、というのもちらほら見かけましたが…果たして。

私もご指摘を受けましたが、当選しても支払いがない場合はキャンセル扱いになるので、抽選だけでは完売が確定しないということなんですね。

 

ですので、現時点ではミッションクリアになったかどうかは何とも申し上げようがありません。

ただ、これだけは言わせてください。

 

本当に…佐藤詩織推しの皆様は最高だった!!!

 

ということを。

 

彼女のために、皆様がたくさん工夫され、そして賑わったTLの光景を、私は決して忘れません。

 

このことだけは…もし彼女に会いに行くことができれば、必ず伝えようと思っています。

 

忘れてはならないこと

ここで一つ、私も含めて佐藤詩織推しの皆様と確認しておきたいことがございます。

今回のミッションは、「1次完売」という、ある意味とてもはっきりしたものでした。

ただ。

彼女の本当の願いは、何だったのか?ということです。

 

彼女の本当の願いは、メッセでも言っていた通り

7thで少しでも前のポジションに入ること

なのです。

 

今回の「1次完売」は、彼女なりに考えた「手段」だった。

 

私たち佐藤詩織推しの本当の勝負は、そこにあるのではないでしょうか。

何をすればその願いが達成できるのか。

おそらく彼女にもそれがわかっていません。個握の売り上げがそれなのだろう、という彼女なりの判断なのですが、それが正解なのかもわかりません。

つまり、私たちが何をすればいいのかも正直わからないです。

でも、だからといって、何もしなければ今のまま、というのはご異論のないところかと。

 

私たちはゆっくりと、そして確実に、早くも7thに向けて動いていかなければならないのかもしれません。

雲をつかむような話ではありますが。

「彼女の心からの笑顔」は、実にその願いが達成されたときに見られるものなのでしょう。

 

…ということを、考えておりました。

 

最後に

私の負けず嫌いな気持ちが先走り、結果として私が仕切る形になって今回のことを進め、まがりなりにも他メンのファンの方にも注目を浴びていたと聞きました。

でも。

本当に…私には分不相応な役回りだったと実感しています。

いろいろとご迷惑をかけてしまった方々、本当に申し訳ありませんでした。

 

そして…なんとか、

なんとか、

皆様のお気持ちが結実しますように。

 

残る私の仕事は

祈ることのみです。

 

重ねて、今回ご協力いただいた皆々様

佐藤詩織を愛してやまない皆々様に

厚く厚く御礼申し上げます。

 

川島 雅隆

 

f:id:platanus0524:20180210010624j:plain