川島雅隆的編集後記

継続すれば見えてくる世界とは…?

それが答えだ。

やりたいこと好きなこと

f:id:platanus0524:20190424111726j:imagef:id:platanus0524:20190424111716j:image

推しメンブログ、ハイライトは何と言ってもここだと改めて思う。

f:id:platanus0524:20190424112035j:image

好きな人からこれほど前向きな言葉を聞く幸せに、勝るものはあるのかな。

やりたいこと好きなことの為に充実しているって、これほど極上の人生があるのだろうか。

f:id:platanus0524:20190424112200j:image

自分の置かれている環境の中で

充実した日々を目指しましょう皆さん。

それとも環境すら「変えたいと思った時が変えるとき」なのかな。


花粉症のせいか、それとも…

私が帰宅した直後だった。

へーじゃあ後で見に行こ!って思ったけど、まさか3分で終わるとか思いもしなかった😅

それはともかく。

このインスタライブ、最も大きな意義は何か。

それは志田愛佳本人がSNSを運営していることが、きちんとした形で立証されたことだと思う。

少なくとも、インスタ垢についてはそれが立証された。

欅坂を追っていると、どうしてもその意味を考えてしまうんだけど、特に愛佳については本当にノープランでやっているようにも思えて悩ましい😅

それと気になったのは…泣いてるようにも見えたこと。

もともと愛佳は涙脆いので笑、よくあると言ってしまえばそれまでなのだが…ライブ中に「花粉症です」って言ってたので、それが原因ならはっきりするけど…果たして…。

わずか3分で2万5千人を集めた愛佳インスタライブ。第2弾はあるのか。

 

HINABINGO #2 まとめ

もう触れどころツッコミどころ満載すぎて、皆様のツイをお借りして触れるしかなかったHINABINGO。

いや、本当に鍛えられたねいろんな意味で。

日向坂の強みって、実はもしかしたら本人たちも気づいていない「芯」というものが鍛えられたことにあるんではないだろうかとつくづく思う。

明るさって、心に余裕が出ないと生まれないでしょ。

ハッピーオーラを届けるって、自分がハッピーじゃないとできないでしょ。

もちろん裏ではいろんなこともあるだろうし、個人個人では悩みも尽きないはず。でもそれを少なくとも表に出さないで明るくできるってのが「アイドル」ってことなのかな。少なくともヲタが望むという意味では。

まぁ自分は坂道以外のアイドルをよく知らないからあまり言えないけど。

 

小藪氏のMCには賛否両論があるようだけど、私は見慣れてるのもあるし、彼女たちとの絡みが新鮮なのでとても楽しんでます♪

 

人生初のソート。

実は他人に順位をつけるのがあまり好きではないのでやらなかったんだけど、日向坂46ならびに欅坂46二期生の推しをどうするか考え中なので、一つの参考になればと思ってやってみた。

そこで巻き込み事故のように、欅坂一期生までがランク付けされてしまった😅

自分で驚いたのが、欅坂二期生が複数上位にランクされてしまったことで、これは単純におもてなし会の余韻が抜けてないことの表れだと解釈しています。。

 

いや、たぶん😅

 

日向坂はきょんこが1位か…。もちろん自分が選んでいって出た結果だから間違いはないんだけど、それにしても軒並みひらがな2期生が上位に並ぶのも何なんだか…。

 

はっ!ま、まさか……?

 

新しもの好き?…な…のか?🤔

 

(じゃあひなのなのはどこ行った笑)

 

人生における激変。それは180度立場が変わること

いやーあのサックスは頭から離れないや。サックスをカッコよく吹くとこんなに印象に残るものなんだなと。

彼女も握手会に並んでいた立場だったから、握手会に来る人が何を望んでいるかはよく知っているよねたぶん。

やはり…あれだけの人数になると無理筋だとはわかっていても、自分のことを認識してほしいという気持ちに勝るものはないんだろうね。だから名札も提げれば、目立つ格好もする。そしてもちろん、それが悪いことだとは私も思っていない。

だから「人の顔を覚えるのは得意」と言えるのは、相当な釣り武器じゃないかな。

f:id:platanus0524:20190424105903j:image

自分が梨加に覚えてもらって感激していたはずだから、それを今度はする側になる。

恐らく考えている以上に大変なはずだけど、これがある程度できたら握手列は相当な長さになるだろうね♪

ということで、私もいずれ並びます😅

 

衝撃は静かにいつまでも噛み締めたい

ヲタの皆さんの年齢層は様々だけど、リアル生活のなかでリアルな中学2年生と接することのある方はどれくらいいるんだろう。

もちろん家族の中に妹さんとか、娘さんがおられる方も多いだろうけど。

教える仕事をしていると、毎日血縁でもないリアル中学生と接するでしょ。そうすると、天ちゃんがどれだけ中学生離れして見えるか。

そもそも、何千人の前で会の進行なんてあの年齢でできますかって話で。

事も無げにやってたけど、ウチの生徒にやれって言ったって絶対できないよ。10人くらいの前で何かやってみろって言ったって首を横に振るんだから笑

そして、そんな子が大阪に隠れていたという驚愕の事実を噛みしめる😅

タイミングがタイミングだったら、私の生徒だったかもしれないんだからさ。

 

やっぱそう考えると、お寿司かない…もとい、推すしかないのかなとも考えたり。

いや、「おすしか」って打ったら「お寿司か」しか出てこないんだよこの変換笑

 

とにかく、その成長を静かに見守りたいと思う川島でした♪

 

泰然自若ー長沢菜々香生誕祭

 

長沢菜々香生誕祭

本当に奇跡のように感じる。なーこが欅坂にいること。

悪い意味ではなく、本当によく入ってくれたと心から感謝しているんだ。

欅坂はグループ単位でいろいろ言われることが多い。ここ1〜2年は特にそうだ。

ヲタですらメンタルがしんどいときもある。メンバーのそれは計り知れない。

でも、なーこは少なくともそれを表に出そうとはしない。

 

泰然自若。

 

実にそういうとき、何があっても動じない心が必要なんだろうなと

なーこを見ててそう思う。

 

なーこおめでとう🎉

メンバーが道に迷ったとき、落ち着いて方角を指せる

そんな人であり続けてください。

f:id:platanus0524:20190423014734j:image

 

なぜ逸材を活用しようとしない

推しメン佐藤詩織がけやかけのセットに携わりたいと言ってから、結構な時間が経った気がするんだけど。

大学も卒業したし、今なら腰を据えてセット考える時間もあるはずなんだけどな。。

せっかく制作会社が変わるなら、少しでも関わらせてあげてほしかった。

いずれにしても、欅坂に美術系の逸材がいるにもかかわらず、ホントうまく使えてないなと感じる。

多方面に仕事はありそうな気がするのに、なんてもったいないこと。

f:id:platanus0524:20190423012336j:image

カラオケは行けなかったな…GWに行ってみるか。

 

試合に負けて勝負に勝つ

各所で、欅のバラエティ力への言及があって、正直言うとちょっと辛いときもあるにはある。

もちろん、初期からけやかけを見ている私にとってはあれが彼女たちの個性なんだし、そして盛り上がるときはちゃんと盛り上がれるのも知っているから別に動揺することはないんだけど。

ないんだけど…。

前に出るというのは、私たちが思っている以上に勇気の要ることなのかもしれない。

それを事もなげにやっている(ように見える)乃木坂46や日向坂46が素晴らしい、と言うべきなのか。

だからこそ、昨日のあの場面で挙手をしたふーちゃんに感服した。

結果は負けたけど、あの場面で手を挙げることで番組という戦場での勝負には勝った。

ただ…やはりカットされているものも多々あるんだろうな。。。

 

推しメン元気?😅

眠くなるくらい時間あるのかな推しメン笑

武道館リハ?とかあるんじゃないかと思うんだけど。

 

二期生ブログより

行きたかったな…武蔵野の森。

ギリギリまで可能性を考えたけど、最終的に諦めざるを得なくなって。

関係ないけど、ここんとこ続いたイベントラッシュが、二期生おもてなし会でいったん終了したんだなと、改めて思った。

・3/24(日) 欅坂46個握名古屋

・3/31(日) 吉本坂46個握京都

・4/4(木) 欅坂46アニバーサリーライブ大阪(無券)

・4/7(日) 日向坂46個握大阪

・4/21(日) 欅坂46二期生おもてなし会大阪

入院していたとは思えないスケジュール笑

 

改めて申しますが、二期生おもてなし会はおそらく予想の斜め上を行きます!

武蔵野の森参戦の皆様、そのおつもりでどうぞ😉

 

あと3人

二期生という理由からか、¥500で買えた生写真セット。

あと三人出て欲しかった。。。

その日、太陽を見た。ー欅坂46二期生おもてなし会@丸善インテックアリーナ大阪

 

 

正しく積むこと。

f:id:platanus0524:20190422212120j:image

おもてなし会初日、客席が後ろまで設置すらされていない、という話がTLに流れてきていた。

これをもって、欅坂46が終わっただの何だのとまた騒ぐ人の多いことね。どうやら、何が何でも終わったことにしたい勢力が一定数いるらしい。

文だか春だかって雑誌の意味不明な記事のこともあるんだろうけど。

だからというわけじゃないけど、個人の見解を示しておきたい。

 

私は、いきなり売れるよりも、ちゃんと下積みはあるべきだと考えている派である。

 

乃木坂46の立ち上げも知っているが、確かに不遇の時代が結構あった。日向坂46はもはやここで言うまでもないほどの苦難の歴史を歩んできての1stシングルだった。

ただそれがあって、彼女たちにはしっかりと認められるステータスができたのはたぶん間違いない。

欅坂46は、苦労せずにいきなり売れたとか、まさに「したり顔」で言う人がいるが、サイマジョのヒットが苦労なしとは本当に恐れ入る。何も見ずに言ってるんだなというのがはっきりわかる。

順調そうに見えるかもしれないが、彼女たちも苦難を乗り越えての今の姿があるのに。

 

まあいいや。話を戻して。

 

二期生にとってこの客席問題が試練だというなら、それもいいんじゃないのかな。ただ私が見た限りにおいて4/21は当日券の行列も結構長かったので、そんなに心配する必要はない。

何よりパフォーマンス力は順調に来ている。今が不遇だとは思わないけど、もしそうだとしても、現状を自分たちで打破できる力も持っている。

しっかりこなすべき努力と苦労を経験して、どんどん大きくなってほしいと願っている。

 

会場前でのあれこれ

f:id:platanus0524:20190422030501j:image

グッズの事前予約の受取にまず向かう。

生写真に武元唯衣、山﨑天、井上梨名などは入っていたけど、森田ひかるなし😢

結局なかったのはるんるん以外に松田里奈、藤吉夏鈴😭

トレードはさすがに手を出したくないので、まぁこればっかりは揃わないのも仕方なし。

f:id:platanus0524:20190422230726j:image

 

すると、会場前でこんな張り紙を発見。

f:id:platanus0524:20190422030800j:image

噂には聞いたことあったけど、実際に見たのは初めてだった。。

 

それから、こんなのも発見。

最初はなんとなーく見てただけだったけど、よーく見ると…というやつ笑

全ツ、ここでやったらいかがなんざましょ。

神戸ワールド記念ホールもいい箱だけどねー

 

その後、ペンライトを忘れたことに気づいて、物販ブースで黒い羊のペンライト購入。

開演前に会場前で最も驚いたのは、欅坂初期仕様なのに、「田村保乃」と印字されたタオルを巻いてた人を見たこと😳

f:id:platanus0524:20190422031146j:image

一瞬しか見えなかったけど、おそらくこのバージョンだったかと…。

思わず二度見したくらい😅

しかし、あれはいったい何だったんだろう🤔

 

入場から開演まで

入場。

玄関から入ってずっと左へ円を描くように進む。この進み方、全ツ神戸を彷彿とさせた。確かに構造も似ている気がする。

アリーナに入った時に気づいたこと。

「あれ…??床が柔らかい…?」

元々競技用だからなのかはわからないけど、とにかく下が柔らかい。これが足に負担で、このあとスタンディングの際は結構足が痺れていた。

 

席に着く。

前から4列目!近すぎて気持ち悪い笑

花道からは若干の距離はあったから、それがせめてもの救い。

徐々に席が埋まっていく。時々後ろを確認するけど、確かにアリーナ後方には席がなかった。ただ、おそらく初めから席は用意されていなかったようにも思える。逆に言えば、用意された席は結構な埋まり具合なので、これはこれでよかったのではないかなと。

私の右側には女性が座っていたが、左隣はしばらく誰も来ず、確か開演20分前くらいになってようやく連番で学生らしき男子がやってきた。学生といっても大学生かな。そして、この二人がコール組。

「いやヤバい距離やん!絶対聞こえるヤツやん!!」

この時点で、大声で叫ばれるの確定😅

 

左耳だけが持っていかれる恐怖笑

OP。

いきなり映し出されたのは、森田ひかる。と、和太鼓。

ここで一斉にスタンディング。

この和太鼓が本当に素晴らしかった!

彼女が一つドン!と叩いてわかったことがあった。私の真正面にあった黒い壁と思っていたもの。その正体は…

f:id:platanus0524:20190422032722j:image

和太鼓が終了して、一人一人が登場するとき、隣のコール組が「いのうえーーーーーっ!いのうえーーーーーーっ‼️」「かりんちゃーーーん⤴︎」と予想通りの大絶叫。おまけに正面のスピーカーの音が相まって、少し左耳難聴気味のスタートになったのが唯一の不安だった😅

ただ彼らのおかげで井上梨名・藤吉夏鈴もちょっと推そうかなという気持ちにさせられたかな🤗

そして何より、その距離の近さが改めてわかる瞬間でもあった。一人ひとりの表情が肉眼ではっきりわかる。改めて神席ぶりを感じた。

f:id:platanus0524:20190422093633j:image ↑このあたり。

 

部活動と私服ファッションショー

放送部は山﨑天。いきなり噛む笑

ただ進行としては全体的に高グレード。実際、あの年齢のときにあれだけの進行ができるかというと、やはりそれだけで一般の中2とは違うことを目の当たりにさせられた気がする。

普段、一般の中2と接している私が言うのだから間違いない笑

 

部活動は音楽部から。関有美子・松平璃子・武元唯衣によるピアノ三重奏「制服と太陽」。

全ツのときから思ってたけど、曲を堪能しようとするとペンライトが疎かになって周囲で一人だけ変な色で振っているときがあって笑

それを避けるためには周囲の色に気を配る冷静さがないといけないので、LIVEとしては難易度が高いなと。曲の世界に没頭しきれないので。

それでも、気づいてふと振り返るとオレンジ一色になってて、それはそれはキレイな光景だった♪

続いて「バレエと少年」。関サックス、松平ドラム、タケモトピアノ…いや、もとい、武元ピアノ笑、そして井上マリンバ

自分に最も距離が近かったのが井上のマリンバだったけど、普通に上手かった。関のサックスはカッコよき。サックスがセンターだと本当に映える。武元のピアノもかなりレベルが高かったんんだけど、どうしても関西では「ピアノ売ってちょーだい!」のイメージが先に来てしまってダメだ😅 絶対後でSNSでいじられると思ったけど、その通りになった笑

で、この後のMCで、井上梨名に絶対音感があることが明かされる。ちなみに井上はピアノも弾けるらしい。

(「バレエと少年」のタイトルが思い出せなかった私が、帰るまで苦しんでいたのはナイショ🤫)

 

ダンス部は全員参加。井上アッパーも観れた。武元のパワフルビームも観れた。天ちゃんのけん玉も観れた。藤吉・森田の一輪車も観れた。

最後は全員がけやかけでのビームが決めポーズになり、その後のMCでもその話題が出てたのだが、大阪ではけやかけが放送されていないことをちゃんと理解しているのかな。関西組は知ってるはずだけど。…そして、どうやってけやかけの存在を知ったのかな彼女たちは笑

で、このときに彼女たちのダンススキルが全員一定以上あると知る。

 

料理部。井上梨名・藤吉夏鈴・松田里奈がオムライスに挑戦。アシスタントに森田ひかる、完成品の実食が田村保乃というメンバーで7分間の調理に挑む。

まず井上の包丁さばきがモニタに映るんだけど、未経験ではないにせよ手の使い方が怖くて見てられない…ただ最も料理らしい料理に仕上げてきたのは彼女だった。松田は卵が固まらない😅

後半の数分はずっと卵ばかりやってた気がする。挙句に田村が実食する寸前に「味付け忘れた」とのたまい、一瞬田村の表情から余裕が消えたが、食べると普通に「おいしい〜〜♪」との声。

そしてハイライトは藤吉。もう1にも2にも未経験のホワイトソースに7分間で挑んだのが、はっきり言う。敗因だ笑

「なんでも美味しそうに食べて見せるのが特技」ということで実食のテーブルに座っていた田村ですら、表情が歪むオムライスに仕上げるとは😅

しかも調理前に「けやかけで作ったからオムライスは大丈夫」というフラグを立てておいての落差がなんとも言えず。

あと調理中に時間を持て余した田村さんが、結構な時間客席にレスしていたのが面白かった♪

 

私服ファッションショー。まさに花道がランウェイと化す。長身の関・松平はやっぱりスタイルがいいだけあって、私服もモデル級(いや関さんは確か本当にモデルか😅)。このとき、更なる神席は花道真正面だと知る笑

 

ネタバレ厳禁のセトリ

二期生LIVEはセトリとともに。東京公演に参戦予定の方は本格的ネタバレ注意なので、自己責任で宜しくどうぞ🙇‍♂️

 

①「ガラスを割れ!」(センター武元唯衣)

武元のダンススキルが爆発した感じが印象的。LIVEはこの距離なのでなるべくモニタを見ないで肉眼を心がける。全ツのときも感じたが、同時進行で肉眼とモニタに同じ光景が映っているのに、この二つでは全然違うものを見せられている感覚に陥る。今回もそうだった。モニタはやはりプロの映し方。私は肉眼で見たものから感じたことを信じる。

そして肉眼でも、彼女のダンススキルの高さははっきりとわかった。

紅白のゆいぽん…がちょっと重なったかな。

客席ペンライトの赤の統一は本当に美しい。

 

②「Nobody」(センター藤吉夏鈴)

こちらはセンター藤吉ももちろんだけど、全員があのセクシーな動きを再現しようとしているのがとてもよくわかった。天ちゃんがあの年齢のあの動きをしていたのは、曲の世界観としてはそれで正解なんだろうけど、何か観てはいけないものを観てしまった罪悪感に陥った笑

 

③「青空が違う」(関有美子・井上梨名・松田里奈・田村保乃)

花道まで出てきてのパフォーマンス。とにかく曲調と振りが可愛いので、それを最大限に前で再現しているのがとてもいじらしかった。

松田さん実に楽しそう♪

 

④「僕たちの戦争」(武元唯衣・藤吉夏鈴・松平璃子・森田ひかる・山﨑天)

同じく花道での再現だけど、るんるん向こう側ばかり向いてて後ろ姿ばっかりだったのがちと残念かなぁ。。。🤔 まぁこれは仕方ないか。

 

⑤「手を繋いで帰ろうか」(センター松田里奈・田村保乃)

松田さんMCのときから思ってたけど、実にゆっかーを彷彿とさせる。この曲でもゆっかーパートだったわけだけど、ホントゆっかーといろいろ重なって見えるねこのコ。

 

⑥「アンビバレント」(センター森田ひかる)

るんるんダンスメンということを、このとき痛感させられた。圧巻。確かMCで天ちゃんがるんるんを「身長は低いのに、ダンスのときはそれを感じさせないくらい大きく見せてくる」って言ってたけど、まさに言葉通りのパフォーマンスだった。

 

⑦「風に吹かれても」(センター山﨑天)

やはり言うだけのことはあって、天ちゃんには独特の存在感がある。もちろんまだまだ粗削りだけど、必ず大きく育つだけのポテンシャルは強く感じた。なんだろう…5年後がめちゃくちゃ楽しみ♪

そして、この曲でも花道を使い、ステージに戻ってきたとき全員が横に大きく広がってパフォーマンスをしていたんだけど、正面斜め前でるんるんが風吹かダンスを超全力でこなしているのを観た瞬間、私の心がグッと傾いた。

 

EN「W-KEYAKIZAKAの詩

ペンライトを使っての振りに、見よう見まねで挑戦して、かなり無残な結果に終わった私であった😅😅

 

本編終了後の顛末

アンコールを含めた全編終了後。Twitterを確認している最中に結構早めの退場の動き。

ここだけの話、規制退場というと、いつぞやの7th全握におけるインテックスミニラで、入口に最も近いブロックにいながら、かなりの時間待たされた経験があるので笑

まさか前から退場させてくるとは思っておらず、焦る。正直言えば何か忘れ物をしたかもしれないが、確認のしようがないほどの早さだった。

ただ、アリーナから出るのは早かったけど、廊下に出てからは少し進んでは止まり、また進んでは止まるという、まるで全握列のようなスピードに落ち、Twitterをチェックしようとすると進むので落ち着いて画面も見ていられない笑

途中列が止まったとき、会場内からコールが聞こえてきて、二期生はお見送りで玄関に勢揃いしているはずだし、どうしたのかと思ったら、そのミニラのときの私たちのような目に遭ってたのがアリーナ後方やスタンド席で、流れてきた音源に合わせて全力のコールをしていたとか。

そしてそれを楽しそうだと思ってしまった自分に苦笑😅

f:id:platanus0524:20190422214507j:image

 

お見送り。

これは初めての経験なので、どの程度のものかわからなかったけど、流れの速さを見ていると会話はできそうもない。とにかく係員の「立ち止まらないで進んでくださーーーい!」の声が大きすぎてなんとも😓

いや、もちろんわかるんですよ?それが仕事だし、そうしないとすべての人が帰れるのは何時になるかわからないし。

だから、許された範囲でできることをするしかない。

一人一言かけるだけで列が止まってしまうから、とりあえず手だけ振って、るんるんだけには肩から提げてた推しタオルを上下に振って示しておいた。そしたら「おーっ!」と両手でゲッツポーズで指さしてきて満面の笑顔。

f:id:platanus0524:20190422213924j:image

これで今日の仕事は完了したと思った😅

まぁホントは他にも反応の見たかったメンバーもたくさんいたんだけど、あんなにベルトコンベアーみたいに流れていく中でできることはこれだけだったな、、

 

公演後の二期生

 

www.keyakizaka46.com

www.keyakizaka46.com

www.keyakizaka46.com

www.keyakizaka46.com

 

 

太陽を見た。

全体を通して言えるのは、やはり選ばれし人は違うということ。

もちろん二期生は、欅坂46の活躍を目の当たりにし、或いは実際に握手会にも足を運び、そもそもがファンという立場からスタートしているメンバーもいる。

これはもう想像しかできないけど、だからこそ外からの見え方をよく知っているとも言えるので、反応には特に敏感になっているのではないかと。

自分がこういうブログを書いてながら言うのも変な話だけど、エゴサなんかしないほうがいいと思うんだよね。

反応は気になるとは思うけど、気にし出すと際限がなくなるから。

 

今自分がすべきことに没頭して、突き詰めていてほしい。

 

そしてそれができる人たちだと今日確信した。

 

改めて言う。

欅坂46の未来を一緒に作っていける逸材が揃った、と自信を持って言える。

 

決して日陰なんかじゃない。

太陽は新しい欅の木にだって、しっかりと降り注いでいる。

f:id:platanus0524:20190422214431j:image

 

 

幸せの見つけ方。

 

ヲタの需要と運営の供給

大阪城ホールで行われる公演をを、全国の映画館でライブビューイング。これは聞いたことがある。だから一瞬耳を疑って。「大阪城ホール“で”LV??」というのが最初ピンと来なかった。

LVそのものはもちろんとても有り難い。

その上でなんかこう、ちぐはぐな印象があるのはどんな裏事情があるのかな。

その前の大阪アニラにおける全国映画館のLVができるんだから、そりゃみんなやればいいのにと考える。

批判というより、疑問。

なぜヲタの需要と運営の供給(もしくはそうせざるを得ない事情)が、なぜこうも合っていないのか。

アイドルの運営とヲタってこんなもんなんですか。

坂道以外をよく知らないから何とも言えないんだけど。

 

どうしても、昨日の今日でAKSが頭をチラつくからこういうことも考えてしまう。。そんな自分もイヤだけど。

 

そういえば欅一期生の推しは何が決め手だったっけ笑

日向坂46の推しもまだ決めかねている段階だった。

欅二期生の推しとともに、いろんなメンバーに旅をしている最中でもある。

もちろん、欅坂46一期生の推しは紛れもなく佐藤詩織なんだけど、一推しになった決め手は何だったかな。

記憶に間違いがなければ、メッセで初めて握手券を一次完売させたい、フロントにもう一度立ちたいという感情を表してくれたときだった。

頑張っているのに、なんとなく不遇で。

ポテンシャルがあるのに、それが生かされてるように見えず。

それでいて、現状を打破したいという気持ちが熱く強く存在する。

…なんとなくだけど、そういう人を応援したいという気持ちは昔からあるんだよね。判官贔屓というと言葉が正しくないかもしれないけど。

 

日向坂にもそういうメンバーが結構いて、というより、ひらがな時代はグループそのものがまさにそれだったとも言えるし、だから一人に絞れないのかもしれない。

でも、こうも思ったりする。

同情なんかで握手列並ばれたり、推されたりして嬉しいものなのかなと。

もちろん、面と向かって言わなければ絶対にわからないことではあるんだけど。

 

日向坂になって、ようやく報われるようになった今でも、まだ爆発しきれてないメンバーがいる。

それが富田鈴花だったりする。

f:id:platanus0524:20190422125559j:image

握手対応は、少なくとも今まで握手した日向坂メンバー全員が良対応で文句なし。ということは、それでは推しが選べない。

あとはこちらの琴線に触れるか触れないかで選ぶしかないんだ。

それが、今のところ彼女である、ということ。

 

全員と握手して、最終的に決めます。

 

濃密な内容のため

独立してブログ記事を挙げます笑

あと完全ネタバレになるので、武蔵野の森へ参戦される方は公演終了まで一切お読みにならないように願います😅

 

メッセ到着を隣のヲタから知る笑

開演20分前くらいに隣の席にやってきた連番の若ぇ二人が「おっと、しーちゃんからメッセージ来てるし!」という言葉で推しメンメッセを知る笑

モヤモヤはするけど、敢えてアイドルではなく、ひとりの女性・佐藤詩織さんに送るとしたら…

f:id:platanus0524:20190422130619j:imagef:id:platanus0524:20190422130629j:image

ということになるのかな。

 

光と、闇。

欅坂46二期生おもてなし会の内容については、前述の通り別記事に譲るけど、一言で言えば期待以上のものを見せてくれた。だからこそ輝かしい、未来には希望しかないとさえ思わせる形で終わることができた。

そこへ飛び込んできたのがこのニュースだった。

あり得るとは思ったけど、まさか本当にそんなことになるのかという気持ちもあった。

 

感情が右から左へ、上から下へ。

 

もういろんな人が、それこそ素人も玄人も本当に様々な人が触れていて、もはや私なんかが言うべきことはないんだけど、世間はこれでAKBもNGTも乃木坂も欅坂も、秋元グループではみんな同じようなことが起こっているんだと思うんだろうなぁと。

無関係のメンバーまで世間の色眼鏡に晒される。

こんな切ないことがあっていいんだろうか。

推しとかそうじゃないとか、グループが違うとか、そんなことは全く関係がなく。

 

山口真帆さんのNGT卒業は正しいと、あんなところにいたって報われないしこれでいいんだという意見も多い。もちろん私もそう思うけど、でもよく考えてみればそれは客観的な意見すぎるのかもしれない。

だって、彼女はNGTが好きだったんだから。

好きだからこそ、変わってほしかったんだから。

好きだからこそ、他のメンバーが同じ目に遭ってほしくなかったんだから。

好きだからこそ、ここまで耐えたんだから。

 

その気持ちを思うと、身が引き裂かれる思いがする。

 

私の知っている平手友梨奈はこういうコ

これも、平手友梨奈推しの皆様が散々触れてこられたことなので、私が触れるのは今更すぎるんだけど。

そもそもの平手友梨奈というのは、こういう表情豊かな面が印象的だったんだ。

何が嬉しいって、原点回帰じゃないけれど、かつての平手友梨奈に少しずつ戻ってきてくれているように見えること。

…いや、違うな。

戻ってるんじゃなくて、新たなフィールドに進み始めたと言うべきなのかな。

なんにせよ、明るい表情の平手友梨奈がけやかけで観れる、それだけでこんなにも幸せな空気感が訪れる。

たとえ誰が平手に対して否定的なことを言おうが、その一点だけは絶対に譲れない。

過渡期。それは後で気付くもの。

 

ネタバレの楽しみ方

私は本当にネタバレ上等なところがあって、逆にセトリがわかっていたほうが楽しめるという、結構稀有な存在かも笑

純粋に何が起きるかわからない状況を楽しみたい、という気持ちもよくわかりますしそういう部分だって私の中にありますけど、どちらかというと事前に調べて準備してから事に当たりたいタイプなので。

サッカーの試合も録画して、推しチームが勝ったとわかっている試合しか観ないという変なヤツです😅

TL漁って、ある程度のセトリと何があったのかは確認したので、自分の目で確かめてきます!

箱が大きすぎて客席が云々という話もあったけど、それも含めてこの目で確かめてこないと。

二期生初日お疲れ様☆

明日宜しくね♪

 

推しが決められないのをメンバーのせいにしてみる笑

f:id:platanus0524:20190421025904j:imagef:id:platanus0524:20190421025916j:image

日向坂46は、ズルい。

だってみんな可愛すぎるから。

こんなに推したくなるメンバーが揃いすぎてると、DDになるしかないのか。

信念あるDDになれということなのか。

それともDDでもなく、箱推しともちょっと違う「全員推し」という概念を新たに作るか。

…そういうワケのわかんない気持ちにさせてくれる😅

考えてみれば、先日1日で13名のメンバーと握手したとき、いろいろ話す内容を考えていたはずなのに、ときめき草について触れたのは久美テンのときだけだった。

全握行けないのがなんとも残念…😥

そういえば!6月に京都パルスプラザで日向坂の全握があるんだっけ。

パルスプラザの握手会は個握しか行ったことないけど、乃木や欅の初期の頃は全握もやっていたと聞いた。イメージが湧かないけど、興味はある。今となっては、パルプラの規模で乃木や欅の全握はもはや無理だと思うから諦めていたけど、日向はギリギリありか。

土曜日だから仕事なんだよね。。。ミニラ観てみたいな。

日向のライブが当たらない限り、ときめき草のパフォーマンスが観られるのはミニラだけだもの。

 

おひさまはその闇に光を射せるか

ヲタって、推しを応援しているときは脳内ドーパミンが放出されて、快の感情で満たされるんだけど、その一方で不安の塊でもある。

推しメンが普段の様子と違っていたりすると、すぐ不安が頭をもたげる。

まして、必ずいるはずの場所にいないとわかると、その不安は増幅する一方である。

推しメンの幸せは、自分の幸せ

推しメンの悩みは、自分の悩み

推しメンが笑えば自分も笑い、推しメンが泣けば自分も人知れず涙を流す。

そんなもんです。ヲタってのは。

そんなヲタを笑わば笑え、なんだけど、それだけ誰かのために生きられるっていうのも尊いとは思えないですかと。

 

前置き長くなったけど。

 

何が言いたいかというと、柿崎芽実だ。

f:id:platanus0524:20190421025641j:image

 

昨日のMステにいなかったこと、運営はおろか、メンバーですら全くもって触れていない。

綺麗にみんながスルーしていることが不気味さを感じさせる。

芽実推しは不安に駆られているんじゃないかな。。

 

もちろん、私は決して芽実アンチではない。というか、乃木欅日向の各メンバーにアンチになるような理由もないし。

だからこれは、本当に率直に彼女を見て思っていること。

 

結構前から、彼女には闇を感じていた。

 

負けず嫌いキャラで守屋茜に挑んだときからそうだった。平手友梨奈の声が出なくなったとき、ラジオで久しぶりに声を出す回に電話出演したのも彼女だった。自撮りTVもそう。そして、ブリッコキャラになったあともそう。

その見え隠れする闇が消えることはなかった。

そんな闇がはっきりした形で表れたのが、日向坂46改名の瞬間のSR。

周囲が喜びの表情を見せる中、ある意味あまりにもわかりやすい表情を見せていた芽実。

f:id:platanus0524:20190421025416j:image

先日初めて彼女との握手に臨んだときも、実はその闇の正体が見極められるかどうかというのが裏テーマだった。とはいえ、もちろんネガティブなことを振る気はなく、務めて彼女が明るくいられるネタで彼女の真の表情を探りたかった。

握手は本当に楽しそうに過ごしているとは思った。

ただ懸命にアイドルを演じているように見えたのも確かだった。

 

そこにきて、今回のMステ欠席。

これに誰も触れない。

私は推しではないけれど、推しの皆様にとっては気が気ではないのではないかと…。

 

もちろん、これは私の勝手な思い込みである。

闇なんてないのかもしれない。それならそのほうが余程いい。

そして、間違った思い込みでした!となって、私が皆様に謝罪する世界線が登場してほしいと、切に切に願っている。

夢は見るものじゃなく叶えるもの

シンクロニシティもどき笑

ホントに自分でも不思議なんですが、いつもは手にもとらないカップヌードルを2分くらい悩んでました笑

もちろんGIRLS LOCKSでこんなの食べてるなんて露知らず。

平手友梨奈に呼ばれたのか…?

いや、というか呼ばれたならなんで振り払ってんだ私は笑

それと、単純にこのヌードル売り出してほしいんだけどな日○食品さん♪

 

スルースキルに勝るものなしー小池一夫先生の言葉を刻む

小池一夫先生のこの言葉は、私はもちろんのことだけど、世の中でアンチと呼ばれる人たちすべてに一度熟読してもらいたい。

例えば嫌いなものに対して攻撃をして、そこから何を得ようとしているんだ?

相手が屈服する姿?

それとも何かの腹いせ?

相手が傷ついている姿を見ても、何とも思わないのか?

アンチをしたところで一円の金になるわけでもなし、誰も得しないどころか嫌な気分にさせるだけのことを何故そこまで一生懸命にやれるのか。

理由はわからないけど、そこまで全力でアンチしてくるなら、こちらも…と同じ土俵に乗りそうになるのが小池先生はいけないと諭されているんだと思うな。

…私は齢46になるのに、まだまだ全然人間ができていない。痛感させられます。

 

改めて、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

日の当たる場所に、メミガイナイ

TLでも見たけど、骨折してもステージに上がるくらいの気概のある柿崎芽実がいないというのは、どうにも気にかかる。

芽実は今でこそブリッコキャラになってはいるけど、出だしの頃は負けず嫌いキャラだったことを知るのは古参だけなのかな。

どちらもキャラではなく、柿崎芽実の一構成部分だと認識している。リハで骨折したときですら、ステージに上がった根性の持ち主だからだ。

そこまでやる芽実が、いない。

もし一時的な体調不良だったら、Mステに出演できなかったことを心の底から悲しんでいるに違いない。

もちろんこれからチャンスはあるので、次回はぜひ全員揃った形でのパフォーマンスを待っています♪

 

生放送、それはハプニングも醍醐味

おたけが今どんな気持ちでいるかを考えると、それこそ「胸が締めつけられる」ので敢えて考えないようにしておくけど。

ハプニングが起こると咄嗟に表情に出てしまう、そんな人はたくさんいる。それも無意識のうちに。

ところが、おたけの立て直しに表情の変化はなかった。ある意味、日向坂46のパフォーマンス力の高さを見せつけられた気がしたのは私だけだろうか。

そんな能力の高さで世間に見つかってしまえばいいのに。

 

見つかれ日向坂🤗

f:id:platanus0524:20190420024627j:image

f:id:platanus0524:20190420024646j:image

f:id:platanus0524:20190420024704j:image

f:id:platanus0524:20190420024722j:image

f:id:platanus0524:20190420024739j:image

f:id:platanus0524:20190420024800j:image

f:id:platanus0524:20190420024815j:image

f:id:platanus0524:20190420024840j:image

 

新しい力がもたらしてくれるもの

日付変わって、いよいよ欅坂46二期生おもてなし会当日!

私は日曜日のほうに参ります🤗

よく古参ヲタアピールをする私ですが、初めて現場に参加したのが5thなので褒められたものではありません。おもてなし会も、けやかけを第一回から見てるので存在は知ってますが、何をやったのかは完全に忘れていて笑

どちらかというと、自分の備忘録的なツイでした笑

そして、他のサイトでは最後に「お見送り」もあったということで。。。実にハイライトはここになるかもしれない♪(あればの話)

 

同義。

「キュン」で “思いがけないタイミングで〜”が流れると、MVの影響からか、私の中ではこのフレーズが丹生明里と同義である笑

f:id:platanus0524:20190420095835j:image

一念岩をも通す

あおたん→葵ちゃんさん→あちゃ→葵さん(←new!)

 

朝起きたら、いきなりの葵ちゃんさん😅

復帰について外堀が埋まってきている気はしているけど、まだ誰も正式に復帰するとは言ってないのがミソ。

まさかいきなりブログに載るとは予想の斜め上だったけどね♪

でも改めてふーちゃんありがとう♪

1年か…。

彼女のいない間に、欅坂46にもいろんなことがあった。

もし彼女が復帰するとして、今の欅坂46がいったいどんなふうに映るのか。

実にその一点だけはとても興味がある。

 

タイミング。

実は推しメンメッセをipadのほうで登録していて、仕事には重いから持って行ってないんです。

そして時間的にそろそろ準備を本格化させないと、というタイミングで超久しぶりのメッセが来たもんで、とにかくタイミング的にどうすることもできず。。

それにしても、見れない、って書いてるだけなのに、いいねを30件以上もいただけるとは思わなかった😅

 

本日のGIRLS LOCKS

字数の関係で深く斬り込めなかったのが、上村莉菜×柿崎芽実写ルンですshot。結構レアじゃないか!

でもこの二人は平手友梨奈の奪い合いでガチバトルになりそうな二人なんだけどね♪

あと、さすがに私はSOLの掲示板に書き込むのは気が引けるんだけど、ツイにも書いた通り、ふーちゃんを待受にしていていいことはありました!

経験上、新鮮なふーちゃん画像のほうが、より効果は高いように思えます笑

 

本日のshioritalk①

映画観に行きたいね〜

昨年本当に何十年ぶりに映画館で映画観た。

 

「響」という映画でね😉

 

そもそも、あんなふうに映画館の中にいくつもスクリーンがあって、同時にいろんな場所で多くの映画が上映されているなんて知らなかった。

「何者」はまだ観てないので、時間ができたら観てみたいと思います☆☆

 

本日のshioritalk②

私たちからしたら、推しメンの画像なんてどれもこれも自信を持って紹介できるものなので、選べと言われて選べるものではない。ないんだよ推しメン😅

自分で幼いと思えるということは、成長の証。

ただ、そこにはそのとき精一杯生きていた自分がいるはずで。

そんな当時の自分をしっかりと受け止めてあげてほしいな、とは思っている。

 

一途な女性は報われてほしい

www.hinatazaka46.com

確か彼女の握手に行ったのは過去3度ほどか。例によって一度も自己紹介なんかしたことないから、覚えてなんかいないと思うけど。

でも楽しんでもらおう、距離を縮めようとしているのはとても伝わった。

よく彼女にはそのプライドの高さを指摘する声を聞くんだけど、プライドが高いって悪いことじゃないと思っていて。

プライドと関係あるかは別にして、自分の信念を持っているとそういうふうに見えてしまうことってあるんじゃないかと感じることがある。

 

個握完売枠が増えたことは本当に嬉しい。

 

でも、本当に…何故なんだろうね。

個握会場で

「あなたは何故高瀬愛奈の握手券を買わないんですか?」

って聞いて回りたいくらい😅

 

切に願う。ふぃさんに幸あれと。

 

最後に

そして、春日さんおめでとう😉

f:id:platanus0524:20190419133400j:image